メニュー  → 生薬学術情報  → 
龍骨
龍骨
(りゅうこつ)
生薬別名  
生薬ラテン名 Fossilia Ossis Mastodi
生薬英名 Longgu
科名 長鼻目 Proboscida,奇蹄目 Perrisodactyla
基原 Rhinoceros sinensis Owen, Stegodon orientalis Owen
薬用部位 骨格などが粗鬆質に変化した化石
選品 類白色で,質が軽く,表面に舌をあてた時に吸着性の強いものを良品とする (TN).
主要成分 その他 Other:
CaCO3, Hydroxyapatite, SiO2, Ca, P, St, Zr, Rb, K, Ti, Al, Zn, Mn, Cu, S, Cl, Cr, Fe, U, I, As, Y
薬理作用 未詳
臨床応用 収斂性鎮静薬として,臍下の動悸,驚狂,心腹煩満,心悸亢進,精神不安,不眠,失精,洩痢,漏下などの症状に応用する.一般に「牡蠣(ぼれい)」と共に用いる.
頻用疾患 動悸, 健忘, 不眠, 多夢, 驚きやすい, 頭のふらつき, めまい, 自汗, 盗汗, 精液漏れ, 慢性下痢, 不正性器出血, 月経過多, 皮膚潰瘍, 外傷出血
含有方剤 救逆湯 , 桂枝加龍骨牡蛎湯 , 桂枝甘草龍骨牡蛎湯 , 桂枝去芍薬加蜀漆龍骨牡蛎湯 , 桂枝去芍薬加蜀漆龍骨牡蛎救逆湯 , 柴胡加龍骨牡蛎湯 , 瀉脾湯加龍骨牡蛎 , 正観湯 , 龍骨湯 , 大桃花湯 , 風引湯
帰経 心・肝・腎
甘・渋
神農本草経 上品
中医分類 安神薬
薬能 平肝潜陽,鎮静安神,収斂固渋.肝陰不足,虚陽浮越,神志不安,驚癇,癲狂,遺精,帯下,虚汗,崩漏,久瀉久痢,吐血,便血に用いる.
薬徴 臍下の動を主治する也。傍ら煩驚,失精を治す。
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.