メニュー  → 試験薬物 生薬エキス情報  → 
呉茱萸-2012-1
呉茱萸-2012-1

探索研究

ゴシュユ(呉茱萸) 生薬名:ゴシュユ(呉茱萸)
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
撮影日時:2012年
撮影者:伏見裕利

生薬エキス名 呉茱萸-2012エキス
生薬 呉茱萸 (ごしゅゆ)
入手先 日本, 東京都, (株)ウチダ和漢薬 (Lot.No. 0AS0144)
入手年月日 2011-02-02
産地情報 中国 広西壮族自治区, 江西省
TMPW No. 27222
使用重量 100.00 g 
抽出溶媒量 800.00 ml 
乾燥重量 13.80 g 
収率 13.80 % 
基原 Euodia ruticarpa Hooker filius et Thomson (Evodia rutaecarpa Bentham), ゴシュユ, Euodia officinalis Dode (Evodia officinalis Dode) または Euodia bodinieri Dode (Evodia bodinieri Dode) (ミカン科 Rutaceae)
薬用部位 果実
作成方法 1. 生薬使用量を決定。
2. 生薬量の8倍容量の純水と生薬を煎じ機に加え,とろ火で60分間煎じる。(抽出回数は1回で、抽出開始時から60分間)
3. 煎じ液を濾紙で濾過。
4. 濾液を凍結乾燥。
5. 乾燥後、エキスをサンプル瓶に入れ、管理番号をつけ、冷蔵保管。
化合物情報
LC-MSデータ LC-MSデータを開くには、質量分析データ解析用ソフトウェア:Mass++が必要です。
最新のMass++はこちらからダウンロードできます。
備考 使用期限:2015/12

LC-MS測定条件:

Instrument
Agilent 1100 HPLC coupled with Bruker Esquire 3000 plus ESI-MS

Column
Waters Atlantis T3 (2.1 mm x 150 mm)

Column Temperature
35 °C

Flow rate
0.2 mL/min

Solvent A
5 mM Ammonium acetate solution

Solvent B
Acetonitrile

Gradient
10% to 100% Solvent B (0-30 min), 100% Solvent B (30-40 min)

Source voltage
4.5 kV (Positive ion mode)

Nebulizer gas
40 psi

Dry Gas
8 L/min

Dry Temperature
330 °C

Full-scan mass range
50-2000 Da