メニュー  → 試験薬物 生薬エキス情報  → 
紅参-2013-1
紅参-2013-1

探索研究

コウジン(紅参) 生薬名:コウジン(紅参)
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
撮影日時:2012年
撮影者:伏見裕利

生薬エキス名 紅参-2013エキス
生薬 紅参 (こうじん)
入手先 日本, 東京都, (株)ウチダ和漢薬 (Lot.No. 00D0137)
入手年月日 2011-02-02
産地情報 中国, 吉林省
TMPW No. 27237
使用重量 100.00 g 
抽出溶媒量 800.00 ml 
乾燥重量 29.50 g 
収率 29.50 % 
基原 Panax ginseng C. A. Meyer (Panax schinseng Nees), オタネニンジン (ウコギ科 Araliaceae)
薬用部位 蒸した根
作成方法 1. 生薬使用量を決定。
2. 生薬量の8倍容量の純水と生薬を煎じ機に加え,とろ火で60分間煎じる。(抽出回数は1回で、抽出開始時から60分間)
3. 煎じ液を遠心分離 (3500 rpm) により濾過。
4. 濾液を凍結乾燥。
5. 乾燥後、エキスをサンプル瓶に入れ、管理番号をつけ、冷蔵保管。
化合物情報 Ginsenoside Rb1-2013-1 , Ginsenoside Rc-2013-1 , Ginsenoside Rd-2013-1 , Ginsenoside Re-2013-1 , Ginsenoside Rg1-2013-1
LC-MSデータ LC-MSデータを開くには、質量分析データ解析用ソフトウェア:Mass++が必要です。
最新のMass++はこちらからダウンロードできます。
備考 使用期限:2015/10

LC-MS測定条件:

Instrument
Agilent 1100 HPLC coupled with Bruker Esquire 3000 plus ESI-MS

Column
Waters Atlantis T3 (2.1 mm x 150 mm)

Column Temperature
35 °C

Flow rate
0.2 mL/min

Solvent A
5 mM Ammonium acetate solution

Solvent B
Acetonitrile

Gradient
10% to 100% Solvent B (0-30 min), 100% Solvent B (30-40 min)

Source voltage
4.5 kV (Positive ion mode)

Nebulizer gas
40 psi

Dry Gas
8 L/min

Dry Temperature
330 °C

Full-scan mass range
50-2000 Da