メニュー  → 試験薬物 生薬エキス情報  → 
麻黄-1-2
麻黄-1-2
マオウ (麻黄) 生薬名:マオウ (麻黄)
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
撮影日時:2009年
撮影者:伏見裕利

生薬エキス名 麻黄-2エキス       化学分析情報
生薬 麻黄 (まおう)
入手先 日本, 大阪府, (株)栃本天海堂 (Lot.No. 011708001)
入手年月日 2008-09-27
産地情報 中華人民共和国, 内蒙古自治区
TMPW No. 25948
使用重量 45.00 g 
抽出溶媒量 900.00 ml 
乾燥重量 6.23 g 
収率 13.85 % 
基原 Ephedra sinica Stapf (マオウ科 Ephedraceae)
薬用部位 地上茎
作成方法 生薬約45 gを秤量した後,20倍量の水(900 mL)を加え,煎じ器(ウチダ和漢薬製)を用いて抽出を行った。溶媒が沸騰するまで強火で加熱し(10~15分),その後とろ火でトータル1時間になるように加熱した。茶こしでろ過した後,熱時綿栓ろ過し,ろ液を室温で放冷(冷えるまで1~1.5時間),液体窒素で冷却後,凍結乾燥器で乾燥させた。乾燥物は4℃で保管した。
化合物情報
備考