メニュー  → 試験項目説明  → 
Aβ(25-35)誘発萎縮軸索伸展作用
Aβ(25-35)誘発萎縮軸索伸展作用
測定種別 伸展率(%)
動物種 ラット
試験結果表示方法 コントロールの軸索の長さを100%,Ab(25-35)処置による長さを0%とし,試験薬物による変化を%で示した。(正数値が大きいほど突起が伸展する)
試験目標
試験レベル Cell-based
試験プロトコール ①SDラット胎生18日齢胎児脳より大脳皮質を摘出し分散培養。②培養2日後にAb(25-35)(10 uM)を処置。③2日後に試験薬物を処置。④4日後の軸索の長さをリン酸化型NF-H抗体による免疫染色により計測した。
備考  
【試験結果表示】
表示方法 生薬 方剤 化合物 生薬-化合物
試験薬物名