メニュー  → 試験項目説明  → 
AMPA受容体刺激誘発神経細胞死抑制作用
AMPA受容体刺激誘発神経細胞死抑制作用
測定種別 抑制率(%)
動物種 ラット
試験結果表示方法 コントロールの生細胞数を100%,Domoic acid処置単独により減少した細胞数を0%とし,試験薬物による変化を%で示した。(正数値が大きいほど細胞死を阻害する)
試験目標
試験レベル Cell-based
試験プロトコール ①SDラット胎生18日齢胎児脳より大脳皮質を摘出し分散培養。②培養翌日にAMPA受容体アゴニストのDomoic acid(10 mM)と試験薬物を同時に処置。③2日後にCellTiter-Glo試薬による検出で細胞生存率を算出した。
備考  
【試験結果表示】
表示方法 生薬 方剤 化合物 生薬-化合物
試験薬物名