メニュー  → 生薬学術情報  → 
キササゲ
キササゲ
(きささげ)
生薬別名 梓実
生薬ラテン名 Catalpae Fructus
生薬英名 Catalpa Fruit
科名 ノウゼンカズラ科 Bignoniaceae
基原 キササゲ Catalpa ovata G. Don, Catalpa bungei C. A. Meyer
薬用部位 果実
選品 未詳
主要成分 モノテルペノイド Monoterpenoids:
Catalpol, Catalposide

ステロール Sterols:
β-Sitosterol

フラボノイド Flavonoids:
5,6-Dihydroxy-7,4'-dimethoxyflavone 6-glucoside, 6-Sophoroside

単環性α-ピロン類 α-Pyrones:
C. ovata, C. bignoidesの心材: Catalpalactone

フタリド類 Phthalides:
Catalpalactone

その他の芳香族誘導体 Other aromatic derivatives:
p-Hydrpxybenzoic acid

その他 Other:
カリウム, 塩類
薬理作用 利尿作用 (水エキス).
臨床応用 利尿薬として, 腎臓炎, 脚気などの浮腫に応用する.
頻用疾患 腎炎, 脚気 水腫
含有方剤
帰経  
 
 
神農本草経  
中医分類  
薬能  
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献