メニュー  → 生薬学術情報  → 
ゲンチアナ
ゲンチアナ
(げんちあな)
ゲンチアナ 入手時名称:ゲンチアナ
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:3880

生薬別名  
生薬ラテン名 Gentianae Radix
生薬英名 Gentian
科名 リンドウ科 Gentianaceae
基原 ゲンチアナ Gentiana lutea Linné
薬用部位 根及び根茎
選品 根茎太い円柱形で, 濃褐色を呈し, 特有の香があり, 苦味の強いものが良品 (TN).
主要成分 少糖類 Oligosaccharides:
Gentianose, Gentiobiose

モノテルペノイド Monoterpenoids:
Seco-iridoids: Gentiopicrin (= Gentiopicroside), Amarogentin, Swertiamarin, Gentiopicroside, Gentiopicral (= Gentiogenal);
Iridoids: 5,6-Dihydro-5-hydroxymethyl-6-methyl-1H,3H-pyrano[3,4-c]pyran-1-one, Pyrano[3,4-c]pyran

キサントン類 Xanthones:
Gentisin, Isogentisin, Gentiin

イソクマリン類 Isocoumarins:
Erythrocentaurin, 5-Hydroxymethylisochromen-1-one, 5-Hydroxymethylisochroman-1-one

その他の芳香族誘導体 Other aromatic derivatives:
Gentisic acid
薬理作用 未詳
臨床応用 苦味健胃薬. 胃機能亢進に基づく続発的効果を期待して, 貧血, 疾病回復期及び単純腸カタルなどに応用する.
頻用疾患 貧血, 腸カタル, 消化不良
含有方剤
帰経  
 
 
神農本草経  
中医分類  
薬能  
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.