メニュー  → 生薬学術情報  → 
センナ
センナ
(せんな)
生薬別名 番瀉葉
生薬ラテン名 Sennae Folium
生薬英名 Senna Leaf
科名 マメ科 Leguminosae
基原 Cassia angustifolia Vahl 又は Cassia acutifolia Delile
薬用部位 小葉
選品 葉の中軸や葉柄の混入が少ないものが良品 (TN).
主要成分 アントラキノン Anthraquinones:
Sennoside A, Sennoside B, Rhein-aloe-emodin dianthrone diglucoside, Sennoside C, Sennoside D, Sennoside G, Aloe-emodin-dianthrone diglucoside, Rhein anthrone diglucoside, Chrysophanol, Aloe-emodin anthrone diglucoside, Rhein, Aloe-emodin-8-glucoside, Rhein 8-glucoside;
以下代謝物: 8-Glucosylrheinanthrone, Rheinanthrone, 8-Glucosylrhein, Sennidin A-8-monoglucoside, Sennidin B-8-monoglucoside, Sennidin B-8'-monoglucoside, 8-Glucosylrheinanthrone

フラボンとフラボノール Flavones & Flavonols:
Kaempferol, Kaempferin, Isorhamnetin

ナフタレン系化合物 Naphthalenes:
[C. angustifolia]: 6-Hydroxy musizin glucoside
[C. acutifolia]: Tinnevellin glucoside
薬理作用 蠕動運動促進. Sennoside A などのジアンスロン類は腸内の嫌気性菌により Rheinanthrone に代謝され, 瀉下作用を示す【大黄参照】
臨床応用 緩下薬.少量では苦味健胃薬となり消化を促進させる.適量(3~6g/日)を用いると緩下作用を示し,食物の積滞,胸腹張満,便秘などを治す.特に熱結性便秘に用いる.寒にあたって泄瀉するものは用いてはいけない.
頻用疾患 便秘, 腹満, 腹痛, 腹水
含有方剤
帰経 大腸
甘、苦
神農本草経  
中医分類 攻下薬
薬能 瀉熱行滞,通便,利水.熱結積滞,便秘腹痛,水腫脹満に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.