メニュー  → 生薬学術情報  → 
センブリ
センブリ
(せんぶり)
センブリ 入手時名称:センブリ
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:3947

生薬別名 当薬
生薬ラテン名 Swertiae Herba
生薬英名 Swertia Herb
科名 リンドウ科 Gentianaceae
基原 センブリ Swertia japonica Makino
薬用部位 開花期の全草
選品 開花初期に採集された花や葉の多いものが良い(TN).
主要成分 モノテルペノイド Monoterpenoids:
Secoiridoids: Swertiamarin, Sweroside, Gentiopicroside, Amarogentin, Amaroswerin;
S. japonica: Swertiamarin, Sweroside;
以下代謝物 4,4β-5α,6α-Tetrahydro-5β-hydroxymethyl-6β-methyl-1H,3H-pyrano[3,4-c]pyran-1-one, Epinaucledal, Naucledal;
Gentiopicrin

トリテルペノイド Triterpenoids:
Oleanolic acid, Thysanolactone

キサントン類 Xanthones:
Norswertianin, Swertianin, Methylswertianin, Swertianolin, Desmethylbellidifolin, Bellidifolin (= Swertianol), Methylbellidifolin;
S. japonica: Tetrahydroswertianolin, 1,3,6,7-Tetrahydroxyxanthone
S. chirata: Mangiferin, 1,3,6,7-Tetrahydroxyxanthone;
Swertinogen

フラボノイド Flavonoids:
Swertisin, Swertiajaponin, Homoorientin, Isovitexin
S. japonica: Homoorientin, 6-C-Glucosyleriodictyol, (±)-Eriodictyol, Luteolin

フェノール系化合物 Phenol derivatives:
S. japonica: Phloroglucinol

その他の芳香族誘導体 Other aromatic derivatives:
S. japonica: Erythrocentaurin, Hydroxymethyl isochroman-1-one

ピリジンアルカロイド Pyridine alkaloids:
S. japonica: Gentianine
薬理作用 胃液分泌(gentiopicrin:促進;genitianine:抑制;swertinogen:少量で促進,大量で抑制).胆汁・膵液分泌促進.抗潰瘍(gentianine).肝臓機能改善,毛細血管拡張,皮膚細胞賦活,発毛促進(swertinogen).血糖降下作用(bellidifolin).
臨床応用 苦味健胃薬.発毛促進,鎮静,抗炎症薬としても応用する
頻用疾患 胃痛, 腹痛
含有方剤 苦味チンキ , 苦味重曹水 , センブリ , 重曹散 , 硫酸マグネシウム水
帰経  
 
 
神農本草経  
中医分類  
薬能  
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.