メニュー  → 生薬学術情報  → 
ハトムギ
ハトムギ
(はとむぎ)
生薬別名  
生薬ラテン名 Coicis Fructus Cum Involucris
生薬英名 Coix Fruit with Involucre
科名 イネ科 Gramineae
基原 ハトムギ Coix lacryma-jobi Linné var. may-uen Stapf
薬用部位 包鞘に包まれた果実
選品 以下、薏苡仁 参照
主要成分
薬理作用  
臨床応用  
頻用疾患  
含有方剤
帰経  
 
 
神農本草経  
中医分類  
薬能  
薬徴  
備考 ハトムギの種皮を除いた種子. 外殻(総苞)をつけたままのものを「ハトムギ(鳩麦)」または「皮付き薏苡仁」と称して市販する. 中国では一般に「薏米」, 「苡米」などと称する.
参考文献