メニュー  → 生薬学術情報  → 
アロエ
アロエ
(あろえ)
アロエ
入手時名称:アロエ
撮影場所:和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:7516

生薬別名 ロカイ, 蘆薈
生薬ラテン名 Aloe
生薬英名 Aloe
科名 ユリ科 Liliaceae
基原 - Aloe ferox Miller (IPNI:529449-1)
- Aloe ferox Miller × Aloe africana Miller
- Aloe ferox Miller × Aloe spicata Baker
薬用部位 葉から得た液汁を乾燥したもの
選品 黒褐色の塊状物で、破砕面は平滑でガラス様の光沢があるものが良品 (文献Q1)。
主要成分 多糖類 polysaccharides
- Loctin A (Cape Aloes, Socotrine Aloes, Curacao Aloes)
- 糖タンパク

アントラキノン anthraquinones
- Aloe-emodin (Cape Aloes, Socotrine Aloes, Curacao Aloes)
- Aloe-emodin rhamnoside (Cape Aloes, Socotrine Aloes, Curacao Aloes)
- Aloesaponarin I (Aloe saponaria)
- Aloesaponarin II (Aloe saponaria)
- Aloinoside A (Cape Aloes, Socotrine Aloes, Curacao Aloes)
- Aloinoside B (Cape Aloes, Socotrine Aloes, Curacao Aloes)
- Barbaloin (Cape Aloes, Socotrine Aloes, Curacao Aloes)
- Chrysophanol (Cape Aloes, Socotrine Aloes, Curacao Aloes)
- Desoxyerythrolaccin (Aloe saponaria)
- Homonataloin (Natal Aloes)
- Isobarbaloin (Curacao Aloes)
- Laccaic acid D methyl ester (Aloe saponaria)
- Rhabarberon (Cape Aloes, Socotrine Aloes, Curacao Aloes)

クロモン類 chromones
- Aloeresin A
- Aloesin (Cape Aloes, Socotrine Aloes, Curacao Aloes)
- Aloesin 2'',3'',4'',6''-tetra-O-acetate
- Aloesol
- Aloesone
- (2'R)-8-C-Glucosyl-7-O-metylaloesol
- (2'R)-8-C-Glucosylaloesol
- (2'R)-Aloesol
- (2'S)-8-C-Glucosyl-7-O-metylaloesol
- (2'S)-8-C-Glucosylaloesol
- (2'S)-Aloesol
- 2''-O-Feruloylaloesin (Cape Aloes, Socotrine Aloes, Curacao Aloes)
- 2''-O-p-Coumaroylaloesin (Cape Aloes, Socotrine Aloes, Curacao Aloes)
- 7-O-Methylaloesin

単環性α-ピロン類 α-pyrones
- Aloearbonaside (A. arborescens var. natalensis)

その他の芳香族化合物 other aromatic compounds
- p-Coumaric acid

ナフタレン系化合物 naphthalenes
- Aloesaponol I (A. saponaria)
- Aloesaponol II (A. saponaria)
薬理作用 Barbaloin: 少量で胆汁分泌促進, 腸管運動促進. Barbaloinはaloe-emodin anthroneのC-配糖体で, ヒト腸内細菌のEubacterium sp. BARにより, 解糖代謝され, aloe-emodin anthroneとなり, この成分が腸管蠕動を促進し, 瀉下活性を示す.
臨床応用 緩下薬として常習便秘に応用する. 少量では健胃薬として消化不良, 慢性胃カタルに応用, タンニンを含まないので通便後便秘することはない. 大量では腸壁, 骨盤腔内を充血させるので, 月経, 妊娠中, 痔疾時は要注意.
頻用疾患 便秘, 頭のふらつき, 目の充血, 不眠, 耳鳴り, いらいら, 腹痛, 栄養不良, 虫歯
含有方剤
帰経 肝, 胃, 大腸
神農本草経  
中医分類 瀉下薬
薬能 清肝熱,通便.便秘,小児疳積,驚風に用いる.湿癬に外用する.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
アロエにはケープ・アロエの他,次のような種類がある.
 1)ソコトラ・アロエ (Socotrine Aloes): Aloe perryi Baker (東北アフリカ・ソコトラ島産)
 2)キュラソー・アロエ (Curacao Aloes): Aloe vera L. 及び A. vera L. var. chinensis (Haw.) Berger(西インド諸島のバルバドス,キュラソー島産)
 3)ナタール・アロエ (Natal Aloes): Aloe bainesii Th. Dyer. が主 (南アフリカのナタール,ローデシア地方産)
 4)ボンベイ・アロエ (Bombay Aloes): Aloe perryi Baker(東アフリカ産)
ソコトラ・アロエとキュラソー・アロエは肝色アロエ (Aloe Hepatica) とも称される.民間で「医者いらず」と称して庭などに植えられ利用されるアロエは,東南アフリカ原産のキダチアロエ Aloe arborescens Miller あるいは変種の A. arborescens Miller var. natalensis Berg. であり,生薬とするアロエの原植物とは異なる.キダチアロエの新鮮な葉の液汁は民間的に胃腸病,便秘症に内服し,火傷,創傷,すり傷などに外用する.
外部リンク: 民族薬物DB, KNApSAcK, metabolomics.jp
参考文献 選品
Q1) 難波 恒雄, 津田 喜典 編: 生薬学概論 (改訂第3版), 南江堂, 東京, 1998.

主要成分
C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. II, pp. 218-221.
C2) 生薬学概論, p. 334.
C3) Planta Med., 57, 15 (1991).
C4) Natural Drugs and the Digestive Tract, 299 (1992).
C5) Chem. Pharm. Bull., 39, 704 (1991).
C6) Biol. Pharm. Bull., 19, 136 (1996).