メニュー  → 生薬学術情報  → 
党参
党参
(とうじん)
党参 入手時名称:党参
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:4875

生薬別名  
生薬ラテン名 Codonopsitis Radix
生薬英名 Codonopsis Root
科名 キキョウ科 Campanulaceae
基原 ヒカゲツルニンジン Codonopsis pilosula (Franchet) Nannfeldt 又は Codonopsis tangshen Oliver
薬用部位
選品 未詳
主要成分 多糖類 Polysaccharides:
Inulin

フェニルプロパノイド Phenylpropanoids:
Syringin, Tangshenoside I, Tangshenoside II

その他 Other:
サポニン,粘液
薬理作用 未詳
臨床応用 強壮薬として,食欲不振,疲労倦怠,咳嗽,口渇などに応用する
頻用疾患 食欲不振, 疲労倦怠感, 泥状水様便, 息切れ, 呼吸困難, 咳嗽, 頭のふらつき, 動悸, 口渇
含有方剤 中医方剤で用いられる
帰経 脾・肺
神農本草経  
中医分類 補気薬
薬能 補中益気,生津養血
薬徴 補中益気,健脾益肺.脾肺虚弱,気短心悸,食少便溏,虚喘咳嗽,内熱消渇に用いる.
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献