メニュー  → 生薬学術情報  → 
刺五加
刺五加
(しごか)
刺五加 入手時名称:刺五加
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:2434
Eleutherococcus senticosus 植物名:Eleutherococcus senticosus
撮影場所:中国, 吉林省
撮影日時:2005
撮影者:小松かつ子

生薬別名  
生薬ラテン名 Eleutherococci Senticosi Rhizoma
生薬英名 Eleutherococcus Senticosus Rhizome
科名 ウコギ科 Araliaceae
基原 エゾウコギ Eleutherococcus senticosus Maximowicz (IPNI:90431-1)
薬用部位 根茎,しばしば根を伴う
選品  
主要成分 フェニルプロパノイド phenylpropanoids
- Syringin

クマリン類 coumarins
- Isofraxidin
薬理作用  
臨床応用 強壮,利水,去湿,鎮痛薬として,リウマチ,神経痛などの腰膝疼痛,脚気,皮膚風湿,水腫,インポテンツ,陰嚢湿痒などの症に応用する.また 「五加皮酒」 の原料としての用途も多い.
頻用疾患 リウマチ, 神経衰弱, 脚気, 水腫, インポテンツ, 浮腫
含有方剤
帰経 肝, 腎
神農本草経 上品
中医分類 活血去瘀薬, 強壮薬
薬能 去風湿,強筋骨.風寒湿痺,腰膝酸軟,心悸気短,下肢浮腫に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
エゾウコギは中国東北地方、ロシアなどの極東アジアに自生し、根茎及び根或いは茎を、中国では「刺五加」、欧米では「シベリア人参」などと称し、強壮薬として繁用する。近年健康食品としての需要が多い。刺五加を用いて五加皮酒を作ることもある。五加皮と刺五加は主に地下部を用いる生薬であるが、茎(幹)の皮も薬用にする。
外部リンク: 民族薬物DB, KNApSAcK, metabolomics.jp
参考文献  
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Eleutherococcus senticosus Maximowicz (IPNI:90431-1)