メニュー  → 生薬学術情報  → 
吉草根
吉草根
(かのこそう)
かのこそう 入手時名称:かのこそう
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:1115

生薬別名  
生薬ラテン名 Valerianae Radix
生薬英名 Japanese Valerian
科名 オミナエシ科 Valerianaceae
基原 カノコソウ Valeriana fauriei Briquet
薬用部位 根及び根茎
選品 鬚根が多く, 赤かっ色のものが良い (TN).
主要成分 モノテルペノイド Monoterpenoids:
[V. fauriei]:
精油 1~8%: Cineole, Camphene, Limonene, p-Cymene, Borneol, α-Pinene, β-Pinene, Terpineol, Bornyl isovalerate (主成分約90%), Bornyl acetate
[V. fauriei f. yezoensis]:
イリドイド配糖体: Kanokoside A, Kanokoside B, Kanokoside C, Kanokoside D

セスキテルペノイド Sesquiterpenoids:
[V. fauriei ]
精油 1~8%: α-Kessyl alcohol, α-Kessyl glycol, α-Kessylacetate, Kessoglycol, Kessazulene (Guaiazulene), Kessane, Kessanol, 8-epi-Kessanol, Valeranone (= Jatamansone), Kanokonol, Fauronyl acetate, Kanokonyl acetate, Cryptofauronol
薬理作用 鎮静作用 (kessoglycol diacetate, kessoglycol 2-acetate, kessoglycol 8-acetate), 抗うつ作用 (α-kessyl alcohol, kessanol, cyclokessyl acetate), 抗ストレス潰瘍作用.
臨床応用 鎮静, 鎮痙, 駆風薬として, ヒステリー症, 心悸亢進時に浸剤 (1日6gまで), チンキ剤または粉末 (1日1.5gまで) として応用する. 家庭薬原料.
頻用疾患 ヒステリー, 動悸
含有方剤
帰経  
 
 
神農本草経  
中医分類  
薬能  
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.