メニュー  → 生薬学術情報  → 
和藁本
和藁本
(わこうほん)
生薬別名  
生薬ラテン名 Osmorhizae Rhizoma
生薬英名 Osmorhiza Rhizome
科名 セリ科 Umbelliferae
基原 ヤブニンジン Osmorhiza aristata Makino et Yabe
薬用部位 根茎
選品 未詳
主要成分 フェニルプロパノイド Phenylpropanoids
[O. aristata]: Anethole, Estragole, Osmorhizole, Isoosmorhizole

その他の芳香族化合物 Other aromatic compounds
[O. aristata]: Anisaldehyde
薬理作用 中枢麻痺 (大脳, 脊髄, 延髄の順に麻痺). 抗痙攣. 鎮痛. 血圧降下. 抗真菌.
臨床応用 鎮痛, 鎮痙薬として, 感冒頭痛, 鼻炎や副鼻腔炎による頭痛, 腰痛, 腹痛, 婦人病の諸痛に応用する.
頻用疾患 頭痛, 悪寒, 無汗, 副鼻腔炎
含有方剤
帰経  
 
 
神農本草経  
中医分類  
薬能  
薬徴  
備考  
参考文献