メニュー  → 生薬学術情報  → 
唐独活
唐独活
(とうどくかつ)
生薬別名  
生薬ラテン名 Angelicae Pubescentis Radix
生薬英名 Angelica Pubescens Root
科名 セリ科 Umbelliferae
基原 シシウド Angelica pubescens Maximowicz 又は Angelica bisserata Shan et Yuan
薬用部位
選品 未詳
主要成分 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds
[Angelica spp.]: Angelic acid

トリテルペン系サポニン Triterpenoid saponins
[A. cordata]: Tritepenoide saponin

クマリン類 Coumarin:
[A. pubescens]: Angelicone, Angelical
薬理作用 未詳
臨床応用 発汗, 駆風, 鎮痛薬としてリウマチ, 浮腫, 関節や金瘡の痛みに応用する.
頻用疾患 下肢の腫脹・疼痛, 頭痛, 関節の腫脹・疼痛, 悪寒, 発熱, 歯痛
含有方剤
帰経 腎・膀胱
微温
辛、苦
神農本草経  
中医分類  
薬能  
薬徴  
備考  
参考文献