メニュー  → 生薬学術情報  → 
地竜
地竜
(じりゅう)
地竜 入手時名称:地竜
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:14383

生薬別名  
生薬ラテン名 Lumbricus
生薬英名 Earthworm
科名 フトミミズ科 Megascolecidae
基原 Pheretima aspergillum Perrier 又は その他近縁動物
薬用部位 内部を除いたもの
選品 ミミズの陰乾ししたもので, よく乾いた, 長くて折れていない, 袋込なら土気のない, 嵩の高いもの程良い (NI).
主要成分 その他の含窒素化合物 Other nitrogen compounds:
Lumbrofebrin

その他 Other:
Terrestro-lumbrilysin, Lumbritin;
広地竜: C5H4ON4・AuCl3, C5H4ON4・HCl・AuCl3・H2O
薬理作用 解熱作用, 気管支拡張作用, 降圧作用
臨床応用 解熱, 鎮痙, 利尿, 解毒薬として用いる. 民間薬としての需要が根強い.
頻用疾患 痙攣, 咳嗽, 関節の腫脹・疼痛, 半身不随, 排尿困難, 高血圧症, 水腫
含有方剤
帰経 肝、脾、膀胱
神農本草経  
中医分類 平肝熄風薬
薬能 清熱定驚, 通絡, 平喘, 利尿. 高熱神昏, 驚癇, 抽ちく, 関節痺痛, 肢体麻木, 半身不遂, 肺熱喘咳, 尿少水腫, 高血圧症に用いる.
薬徴  
備考  
参考文献 NI: 一色直太郎, 『和漢薬の良否鑑別法及調製法』, 吐鳳堂書店, 東京, 1987.