メニュー  → 生薬学術情報  → 
夏枯草
夏枯草
(かごそう)
夏枯草 入手時名称:夏枯草
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:7506

生薬別名  
生薬ラテン名 Prunellae Spica
生薬英名 Prunella Spike
科名 シソ科 Labiatae
基原 ウツボグサ Prunella vulgaris Linné var. lilacina Nakai
薬用部位 花穂
選品 花穂のみで形が整い,褐色を呈す物が良品.葉,茎の混入品は良くない(TN).江蘇省南京地区産が良品.
主要成分 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
P. vulgaris subsp. asiatica: 有機酸

トリテルペノイド Triterpenoids:
P. vulgaris subsp. asiatica: Ursolic acid, Prunellin, Fenchone

ステロイド Steroids:
Ajuga decumbens: Ajugalactone, Ajugasterone B, Ajugasterone C

ステロール Sterols:
Ajuga bracteosa: β-Sitosterol, γ-Sitosterol

昆虫変態ホルモン Ecdysones & Phytoecdysones:
Ajuga decumbens: β-Ecdysone, Cyasterone

フラボノイド Flavonoids:
P. vulgaris subsp. asiatica: フラボノイド

タンニン Tannins:
P. vulgaris subsp. asiatica: タンニン

その他のアルカロイド Other alkaloids:
Ajuga bracteosa: アルカロイド様の心臓興奮作用物質

その他 Other:
P. vulgaris subsp. asiatica: K塩
薬理作用 弱い強心利尿作用(ursolic acid,prunellin).
臨床応用 降圧利尿,消炎薬として,水腫,小便不利,淋疾,瘰癧などに応用する.
頻用疾患 目の充血, 頭痛, めまい, いらいら, 眼痛, リンパ節結核, 甲状腺腫, 乳腺腫, 耳下腺腫, 水腫, 小便不利, 淋疾
含有方剤 夏枯草湯
帰経 肝・胆
苦・辛
神農本草経 下品
中医分類 清熱薬 (清熱瀉火薬)
薬能 降圧利尿,消炎薬として,水腫,小便不利,淋疾,瘰癧などに応用する.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.