メニュー  → 生薬学術情報  → 
威霊仙
威霊仙
(いれいせん)
生薬別名  
生薬ラテン名 Clematidis Radix
生薬英名 Clematis Root
科名 キンポウゲ科 Ranunculaceae
基原 サキシマボタンヅル Clematis chinensis Osbeck, Clematis mandshurica Ruprecht 又は Clematis hexapetala Pallas
薬用部位 根・枝・茎
選品 未詳
主要成分 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
C. terniflora var. robusta: Protoanemonin (葉)
C. angustifolia: Anemonin (葉)

トリテルペノイド Triterpenoids:
Clematis spp. : Oleanolic acid (根)
C. mandschurica, C. brachyura: Hederagenin (根)

ステロイドサポニン及びサポゲニン Steroid saponins & Sapogenins:
S. sieboldii: Sarsasapogenin, Tigogenin, Neotigogenin, Laxogeninをサポゲニンとするサポニン (根)
薬理作用 血圧降下,抗利尿作用.
臨床応用 四肢の関節炎やしびれ,関節の運動障害を伴う慢性関節リウマチに用いる.魚の小骨が刺さった時,骨をとるために去骨湯としてゆっくり飲み下す.
頻用疾患 半身不随,腰痛,リウマチ,神経痛,喉の小骨刺入,痛風,発語障害,麻痺
含有方剤 舒筋立安散 , 疎経活血湯 , 二朮湯
帰経 膀胱
神農本草経  
中医分類 祛風湿薬
薬能 去風除湿,通絡止痛.風湿痺痛,肢体麻木,筋脈拘攣,屈伸不利,骨が咽喉につかえた時に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献