メニュー  → 生薬学術情報  → 
小豆蒄
小豆蒄
(しょうずく)
小豆蒄 入手時名称:小豆蒄
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:10154

生薬別名  
生薬ラテン名 Cardamomi Fructus
生薬英名 Cardamon
科名 ショウガ科 Zingiberaceae
基原 Elettaria cardamomum Maton
薬用部位 果実
選品 種仁が充実し, 芳香の強いものが良品 (TN).
主要成分 脂質 Lipids:
脂肪油1~2%

モノテルペノイド Monoterpenoids:
精油2~8%: d-α-Terpinyl acetate, 1,8-Cineole, Limonene, d-α-Terpineol, α-Pinene, Sabinene, Linalool, Nerolidol

その他 Other:
Mn
薬理作用 未詳
臨床応用 芳香健胃薬として胃腸薬の原料とする. 漢方処方用薬として白豆くの代わりに用いられる. 駆風薬. 香辛料.
頻用疾患 消化不良, 腹痛, 嘔吐, 口渇, 喘息, 結石
含有方剤 香砂養胃湯
帰経  
 
 
神農本草経  
中医分類  
薬能  
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.