メニュー  → 生薬学術情報  → 
延胡索
延胡索
(えんごさく)
延胡索 入手時名称:延胡索
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:4417
Corydalis turtschaninovii 植物名:Corydalis turtschaninovii
撮影日時:1982
撮影者:御影雅幸

生薬別名 元胡, 玄胡索
生薬ラテン名 Corydalis Tuber
生薬英名 Corydails Tuber
科名 ケシ科 Papaveraceae
基原 Corydalis turtschaninovii Besser forma yanhusuo Y. H. Chou et C. C. Hsu
薬用部位 塊茎を乾燥したもの
選品 円くて粒の大きい,黄色のものが良いとされる (NI).
主要成分 イソキノリンアルカロイド Isoquinoline alkaloids:
[Corydalis spp.]: dl-Tetrahydropalmatine, l-Tetrahydrocoptisine, d-Corydaline, d-Base II, dl-Base II, l-Canadine, l-Tetrahydrocolumbamine, d-Corybulbine, l-Scoulerine, Coptisine, Dehydrocorydaline, Dehydrothalictrifoline, Berberine, Dehydrocorybulbine, Columbamine, d-Glaucine, d-Isocorydine, Columbamine, d-Norisocorydine, Bulbocapnine, Protopine, α-Allocryptopine, Ambiguapine;
[C. decumbens]: Palmatine, Tetrahydropalmatine, Decumbensine, Protopine, Bulbocapnine, Adlumidine
薬理作用 鎮痛作用 (エキス). 中樞抑制, 鎮痛作用 (tetrahydropalmatine), 胃液分泌抑制作用 (dehydrocorydaline).
臨床応用 鎮痙,鎮痛,消化性潰瘍治療薬として,頭痛,胸やけ,胃痛,腹痛,月経痛に応用する.特に婦人の月経不通による下腹部の痛みによい.また胃,十二指腸潰瘍治療に用いる.
頻用疾患 月経痛, 無月経, 産後お阻, 胸痛, 上腹痛, 打撲外傷による腫脹・疼痛, 下腹痛, 胃潰瘍, 十二指腸潰瘍
含有方剤 安中散 , 烏苓通気湯 , 牛膝散 , 折衝飲 , 八味疝気方
帰経 肝・脾
辛・苦
神農本草経  
中医分類 理血薬 (活血去瘀薬)
薬能 活血,利気,止痛.胸脇,腹(胃)疼痛,経閉痛経,産後瘀阻,打撲腫痛に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
C. turtschaninovii forma yanhusuo は中国浙江, 江蘇省で栽培される.本種の塊茎が正条品であるが, その他, コウライエンゴサク C. nakaii Ishidoya が内蒙古, 東北諸省, 朝鮮半島から産する.
参考文献 NI: 一色直太郎, 『和漢薬の良否鑑別法及調製法』, 吐鳳堂書店, 東京, 1987.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Corydalis turtschaninovii Besser forma yanhusuo Y. H. Chou et C. C. Hsu