メニュー  → 生薬学術情報  → 
旋覆花
旋覆花
(せんぷくか)
旋覆花 入手時名称:旋覆花
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:15407-b

生薬別名  
生薬ラテン名 Inulae Flos
生薬英名 Inula Flower
科名 キク科 Compositae
基原 センプクカ Inula britannica Linné, I. japonica Thunberg
薬用部位 頭状花序
選品 未詳
主要成分 トリテルペノイド Triterpenoids:
Inusterol A, Inusterol B, Inusterol C
薬理作用 未詳
臨床応用 健胃, 去痰, 鎮咳, 利尿薬として, 噫気, 咳喘, 胸満脇痛, 腹水腫などに応用する.
頻用疾患 痰, 小便不利, 咳, 嘔吐, 胸脇が張って痛む, 腹水
含有方剤 旋覆花代赭石湯
帰経 肺・脾・胃・大腸
微温
苦・辛
神農本草経 下品
中医分類 化痰止咳薬,
薬能 降気,消痰,行水,止嘔.風熱咳嗽,痰飲蓄結,胸膈痞満,喘咳痰多,嘔吐噫気,心下痞硬に用いる.
薬徴  
備考  
参考文献