メニュー  → 生薬学術情報  → 
晋耆
晋耆
(しんぎ)
晋耆 入手時名称:晋耆
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:4641

生薬別名 紅耆
生薬ラテン名 Hedysari Radix
生薬英名 Hedysarum Root
科名 マメ科 Leguminosae
基原 Hedysarum polybotrys Handel-Mazzetti
薬用部位
選品 未詳
主要成分 未詳
薬理作用 未詳
臨床応用 強壮, 強心, 利尿, 止汗薬として, 虚弱体質, 栄養不良, 汗機能不全, 急性・慢性腎炎などに応用する.
頻用疾患 元気が無い, 疲れやすい, 息切れ, 食欲不振, 冷え, 子宮下垂, 慢性下痢, 血便, 不正性器出血, しびれ, 半身不随, 盗汗, 皮膚化膿症, 浮腫, 自汗, 脱肛, 多飲, 多尿, 皮下出血, 急性腎炎, 蛋白尿, 糖尿病.
含有方剤
帰経  
神農本草経  
中医分類 補気薬
薬能 補気固表,利尿托毒,排膿,斂瘡生肌.気虚乏力,食少便溏,中気下陥,久瀉脱肛,便血崩漏,表虚自汗,気虚水腫,癰疽難潰,血虚痿黄,内熱消渇,慢性腎炎蛋白尿,糖尿病.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献