メニュー  → 生薬学術情報  → 
栝楼実
栝楼実
(かろじつ)
生薬別名 栝楼仁
生薬ラテン名 Trichosanthis Fructus
生薬英名 Trichosanthes Fruit
科名 ウリ科 Cucurbitaceae
基原 Trichosanthes kirilowii Maximowicz, キカラスウリ T. kirilowii Maximowicz var. japonia Kitamura 又は オオカラスウリ Trichosanthes bracteata Voigt
薬用部位 成熟果実
選品 未詳
主要成分 脂肪酸 Fatty acids:
固体脂肪酸, Oleic acid, Linolic acid, Linolenic acid
薬理作用 抗菌作用 (大腸菌, チフス菌, 赤痢菌).
臨床応用 消炎, 緩解, 鎮咳, 去痰薬として, 胸痛, 便秘, 咳嗽, 心臓喘息, 狭心症などに応用する.
栝楼実: 消炎, 鎮咳薬として, 咳嗽, 便秘に.
栝楼楼仁: 老年あるいは病後の腸結便秘に使い分けて用いる.
頻用疾患 咳嗽, 胸が苦しい, 呼吸困難, 呼吸促迫, 胸痛, 肺化膿症, 乳腺炎, 皮膚化膿症, 便秘
含有方剤 加味小陥胸湯 , 栝楼湯 , 栝楼薤白白酒湯 , 陥胸湯 , 柴陥湯 , 小陥胸湯 , 当帰養血湯
帰経 肺・胃・大腸
神農本草経 中品
中医分類 化痰止咳薬
薬能 清熱去痰, 寛胸散結, 潤燥滑腸. 肺熱咳嗽, 痰濁黄稠, 胸痺心痛, 結胸痞満, 乳癰, 肺癰, 腸癰腫痛, 大便秘結に用いる.
薬徴 胸痺を主治する也。傍ら痰飲を治す。
備考  
参考文献