メニュー  → 生薬学術情報  → 
橙皮
橙皮
(とうひ)
橙皮
入手時名称:橙皮
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:12856

生薬別名 和橙皮
生薬ラテン名 Aurantii Pericarpium
生薬英名 Bitter Orange Peel
科名 ミカン科 Rutaceae
基原 - Citrus × aurantium Linné (IPNI:59600-2)
- ダイダイ Citrus aurantium var. daidai Makino
薬用部位 成熟した果皮
選品 大きくて肉厚なものが良く、さらに内側の白皮 (アルベドalbedo) を除いたものが良品 (文献Q1)。
主要成分 モノテルペノイド monoterpenoids
- Nerol (精油)
- d-Limonene (精油)

トリテルペノイド triterpenoids
- Limonin

フラボンとフラボノール flavones & flavonols
- Isosinensetin (C. aurantium, C. iyo)
- Nobiletin (C. aurantium, C. hassaku, C. iyo)
- Rhoifolin (C. aurantium, C. hassaku)
- Sinensetin (C. aurantium, C. iyo)
- Tangeretin (C. aurantium, C. hassaku, C. iyo)
- 3,5,6,7,8,3',4'-Heptamethoxyflavone (C. aurantium, C. hassaku, C. iyo)
- 3-Hydroxy-5,6,7,8,3',4'-hexamethoxyflavone (C. aurantium, C. hassaku)
- 5,7,8,4'-Tetramethoxyflavone (C. aurantium, C. iyo)
- 5-Demethylnobiletin (C. aurantium)

フラバノンとジヒドロフラボノール flavanones & dihydroflavonols
- Hesperetin (C. aurantium, C. hassaku)
- Hesperidin (C. aurantium, C. hassaku, C. iyo)
- Naringenin (C. aurantium, C. hassaku)
- Naringin (C. aurantium, C. hassaku)
- Narirutin (C. aurantium, C. hassaku, C. iyo)
- Neohesperidin (C. aurantium, C. hassaku)
- Poncirin (C. aurantium, C. hassaku)

クマリン類 coumarins
- Isomeranzin (C. aurantium, C. hassaku)
- Marmin (C. aurantium)
- Meranzin (C. aurantium)
- Meranzin hydrate (C. aurantium)
- 5-[(6,7-dihydroxy-3,7-dimethyl-2-octenyl) oxy]-Psoralen (C. aurantium, C. hassaku)
薬理作用 胆汁酸依存性胆汁分泌促進作用 (メタノールエキス). 鎮静作用, 中枢抑制作用 (d-limonene). 抗アレルギー (sinensetin, nobiletin, tangeretin), 抗炎症 (neohesperidin, sinensetin, nobiletin, tangeretin), 抗潰瘍作用 (marmin, nobiletin).
臨床応用 芳香性苦味健胃, 駆風, 香味薬として, 消化不良, 胃腸炎, 二日酔などに応用する.
頻用疾患 消化不良, 胃腸炎, 二日酔い
含有方剤
帰経  
微辛, 微苦
神農本草経  
中医分類 理気薬
薬能  
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
『日本薬局方』では Citrus aurantium L. またはダイダイ C. aurantium L. var. daidai Makino (= C. aurantium L. subsp. amara Engler)の成熟果皮が規定される.ダイダイの極めて未熟な果実を丸のまま乾燥したものは「未熟橙実」 Aurantii Immaturi Fructus で,市場では「久丸」と称し,枳実の代用品とする.またナツダイダイ(俗名ナツミカン) C. natsudaidai Hayata の果皮を「夏皮」と称し,橙皮の代用とする.現在の日本市場には,ハッサク C. hassaku Hort. ex Tanaka やイヨ C. iyo Hort. ex Tanaka の果皮も流通している.
外部リンク: 民族薬物DB, KNApSAcK, metabolomics.jp
参考文献 選品
Q1) 難波 恒雄, 津田 喜典 編: 生薬学概論 (改訂第3版), 南江堂, 東京, 1998.

主要成分
C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. I, pp. 264-265.
C2) Nat. Med., 50, 114 (1996).
C3) Nat. Med., 51, 205 (1997).
C4) Nat. Med., 51, 231 (1997).