メニュー  → 生薬学術情報  → 
海人草
海人草
(かいにんそう)
生薬別名 マクリ
生薬ラテン名 Digenea
生薬英名 Digenea
科名 フジマツモ科 Rhodomelaceae
基原 マクリ Digenea simplex C. Agardh
薬用部位 全藻
選品 枝が長く, 色が青緑色のものが良く, 他の藻類や砂, 貝殻などの混入が少ないものほど良い (TN).
主要成分 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
butyric acid, formic acid, lactic acid, succinic acid, citric acid, tartaric acid

糖質 Sugar:
D-Glyceric acid, α-Mannoside

アミノ酸 Amino acids:
α-Kainic acid, α-Allokainic acid, Arginine, Aspartic acid, Glycine, Glutamic acid, Histidine, Isoleucine, Leucine, Lysine, Phenylalanine, Valine

ペプチド Peptide:
Proline-glutamic acid, Proline-hydroxyproline-lysine
薬理作用 回虫に強直性痙攣を起こさせ, 運動協調性を失わせる. 自発運動, 呼吸抑制, 一過性血圧下降 (エキス). 中枢興奮作用 (大量のKainic acid).
臨床応用 回虫駆除薬として, 通常煎剤 (10:100)として用いる. 一般に大黄などの下剤と併用. Kainic acidの製造原料.
頻用疾患 回虫
含有方剤
帰経  
 
 
神農本草経  
中医分類  
薬能  
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.