メニュー  → 生薬学術情報  → 
牛黄
牛黄
(ごおう)
生薬別名 Oriental Bezoar
生薬ラテン名 Bezoar Bovis
生薬英名 Oriental Bezoar
科名 ウシ科 Bovidae
基原 ウシ Bos taurus Linn var. domesticus Gmelin
薬用部位 胆のう中に生じた結石
選品 外面,内部共に深黄色, 軽質で層状に割れ, やや甘味のあるものが良品. オーストラリア産が最良, インド産は劣品 (TN).
主要成分 胆汁酸、胆汁アルコール Bile acid, Bile alcohol:
Cholic acid, Deoxycholic acid, Chenodeoxycholic acidからなる胆汁酸, 抱合型胆汁酸

アミノ酸 Amino acids:
Alanine, Glycine, Taurine, Aspartic acid, Arginine, Leucine, Methionine

ポルフィリン誘導体 Porphyrin derivatives:
Bilirubin, Biliverdin
薬理作用 造血. 胆汁分泌促進. 鎮静. 平滑筋収縮,抗炎症 (ペプチド性物質), 強心.
臨床応用 強心, 鎮痙, 鎮静, 解熱, 解毒, 利胆薬として, 熱病で譫語するもの, 驚癇痙攣, 心悸亢進などに応用される. また, 癰腫, 疔瘡, 咽喉腫痛に内, 外用される.
頻用疾患 意識障害, 高熱, 痙攣, 頚部リンパ節腫, 肺化膿症, 虫垂炎, 癌, 皮膚化膿症, 咽喉の腫脹疼痛, 口内炎, ジフテリア性咽頭炎, 慢性肝炎
含有方剤 六神丸
帰経 心・肝
神農本草経 上品
中医分類 清熱解毒薬
薬能 清心, 去痰, 開竅, 涼肝, 息風, 解毒. 熱病神昏, 中風痰迷, 驚癇, 筋肉のひきつり, 癲癇発狂, 咽喉腫痛, 口舌生瘡, 癰腫疔瘡に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.