メニュー  → 生薬学術情報  → 
牽牛子
牽牛子
(けんごし)
牽牛子 入手時名称:牽牛子
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:2162

生薬別名  
生薬ラテン名 Pharbitidis Semen
生薬英名 Pharbitis Seed
科名 ヒルガオ科 Convolvulaceae
基原 アサガオ Pharbitis nil Choisy
薬用部位 種子
選品 粒が大きくて水に沈むものが良品 (TN).
主要成分 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
Pharbitin約2% [pharbitic acid (ipurolic acid + glucose, rhamnose, quinovose)の糖部にtiglic adid, d-methyl-ethyl acetic acid, nilic acidが結合したもの]

植物ホルモン類 Plant hormones:
Gibberellin (A3, A8, A26, A27, A29)およびそのglucoside(未熟種子)
脂肪油約11%
薬理作用 瀉下, 腎機能賦活.
臨床応用 緩下及び峻下薬,利尿薬として,腹水腫脹,二便不利,宿食積滞,大便秘結などに応用する.駆虫作用もある.胃弱の者,妊婦には使用不可.長期連用はさける.
頻用疾患 水腫, 腹水, 尿量減少, 便秘, 腹痛, 咳嗽, 回虫
含有方剤 駆風解毒散 , 八味疝気方
帰経 肺・腎・大腸
寒・有毒
神農本草経  
中医分類 瀉下薬 (峻下逐水薬)
薬能 瀉水通便,消痰逐飲,殺虫攻積.水腫脹満,二便不通,痰飲積聚,気逆喘咳,虫積腹痛,蛔虫,条虫病に用いる.妊婦は禁用,巴豆といっしょに用いない.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.