メニュー  → 生薬学術情報  → 
玄参
玄参
(げんじん)
玄参 入手時名称:玄参
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:32

生薬別名  
生薬ラテン名 Scrophulariae Radix
生薬英名 Figwort Root
科名 ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae
基原 Scrophularia ningpoensis Hemsley 又はゴマノハグサ S. buergeriana Miquel
薬用部位
選品 外皮は淡褐色,内部は黒色で,潤いのある肥大したものが良いとされる(NI).
主要成分 モノテルペノイド Monoterpenoids:
Iridoids:
Harpagide

ステロール Sterols:
Phytosterol

フェニルプロパノイド Phenylpropanoids:
p-Methoxycinnamic acid
薬理作用 強心,血管拡張,降圧,血糖降下,局所刺激,抗真菌(エキス).解熱(p-methoxycinnamic acid).
臨床応用 解熱,鎮静,消炎,治瘡薬として,熱性病,咽喉痛,鼻炎,癰腫,瘰癧,便秘症などに応用する.
頻用疾患 高熱, 意識障害, 咽喉の腫脹疼痛, 目の充血, のぼせ, 咳そう, 喀血, 血栓閉塞性脈管炎, 頸部リンパ節腫, 結核, 便秘
含有方剤 加味温胆湯 , 清熱補気湯 , 清熱補血湯 , 百合固金湯 , 清胃瀉火湯 , 清咽利膈湯
帰経 肺・胃・腎
苦・鹹
神農本草経 中品
中医分類 清熱薬 (清熱涼血薬)
薬能 涼血滋陰,瀉火解毒.熱病傷陰,舌絳煩渇,温毒発斑,津傷便秘,骨蒸労嗽,目赤,咽痛,瘰癧,白喉,癰腫瘡毒に用いる.
薬徴  
備考  
参考文献 NI: 一色直太郎, 『和漢薬の良否鑑別法及調製法』, 吐鳳堂書店, 東京, 1987.