メニュー  → 生薬学術情報  → 
白蘚皮
白蘚皮
(はくせんぴ)
生薬別名 Densefruit Pittany Root-bark
生薬ラテン名 Dictamni Radicis Cortex
生薬英名  
科名 ミカン科 Rutaceae
基原 ハクセン Dictamnus dasycarpus Turczaninow
薬用部位 根皮
選品 未詳
主要成分 トリテルペノイド Triterpenoids:
Limonin, Obacunone, Obacunonic acid

ステロール Sterols:
Campesterol, Sitosterol

その他の芳香族化合物 Other aromatic compounds:
Fraxinellone

アルカロイド Alkaloids:
Dictamine (= Dictamnine), Skimmianine (= β-Fagarine), Trigonelline

簡単な含窒素化合物 Simple nitrogen containing compounds:
Choline

その他 Other:
Dictamnolide
薬理作用 解熱作用(煎液:家兎).抑制作用(水浸剤:病原真菌).興奮作用,収縮作用(dictamine).
臨床応用 解熱,解毒,鎮痛,利胆薬として,リウマチ,神経痛,黄疸,疥癬などの皮膚疾患に応用する
頻用疾患 発熱, リウマチ, 神経痛, 黄疸, 疥癬, 湿疹, 風疹, 血尿
含有方剤 希有処方に配合
帰経 脾・胃・膀胱・小腸
神農本草経 中品
中医分類 清熱解毒薬
薬能 清熱燥湿,去風解毒.湿熱瘡毒,黄水淋漓,湿疹,風疹,疥癬瘡癩,風湿熱痺,黄疸尿赤に用いる.
薬徴  
備考  
参考文献