メニュー  → 生薬学術情報  → 
石斛
石斛
(せっこく)
生薬別名  
生薬ラテン名 Dendrobii Herba
生薬英名 Dendrobium
科名 ラン科 Orchidaceae
基原 セッコク Dendrobium catenatum Lindley (=Dendrobium officinale K. Kimura et Migo), Dendrobium nobile Lindley, Dendrobium chrysotoxum Lindley, Dendrobium fimbriatum Hooker
薬用部位
選品 質の硬い, 根の白いものが良い(NI).
主要成分 セスキテルペノイド Sesquiterpenoids
[D. nobile]: Nobilomethylene

アルカロイド Alkaloids
[D. nobile]: Dendrobine, 6-Hydroxydendrobine, Nobilonine, Dendroxine, Dendrine, Dendramine, 6-Hydroxydendroxine, 4-Hydroxydendroxine;
[D. monile Kraenzl.]: Dendrobine;
[D. lohohense]: Shihunine
薬理作用 弱い鎮痛,解熱作用 (Dendrobine). モルモットの摘出子宮に対する収縮作用 (Dendrobine). 心臓の拍動抑制作用 (コウキセッコクの侵剤).
臨床応用 解熱, 健胃, 強壮薬として, 唾液分泌を促進し, 熱病の際の口渇, 食欲不振, 胃腸障害などに応用する. 強壮作用があり, インポテンツにも用いる.
頻用疾患 胃腸病, 慢性胃炎, 口渇, インポテンツ
含有方剤
帰経 胃・肝
微寒
神農本草経 上品
中医分類 補陰薬
薬能 益胃生津, 滋陰清熱. 陰傷津虧, 口干煩渇, 食少干嘔, 病後虚熱, 目暗不明に用いる.
薬徴  
備考  
参考文献 NI: 一色直太郎, 『和漢薬の良否鑑別法及調製法』, 吐鳳堂書店, 東京, 1987.