メニュー  → 生薬学術情報  → 
竹茹
竹茹
(ちくじょ)
生薬別名 竹筎
生薬ラテン名 Bambusae Caulis
生薬英名 Bamboo Culm
科名 タケ科 Bambusaceae
基原 Bambusa tuldoides Munro, ハチク Phyllostachys nigra Munro var. henonis Stapf ex Rendle 又はマダケ P. bambusoides Siebold et Zuccarini
薬用部位 稈の内層
選品 未詳
主要成分 多糖類 Polysaccharides:
Cellulose

トリテルペノイド Triterpenoids:
Phyllostachys nigra Munro var. henonis Stafp: epi-Friedelanol, Friedelin, Glutinol, Glutinone
P. bambusoides: Friedelin, Lupenone, Lupeol,Taraxerol

リグニン Lignin:
Lignin

その他 Other:
Pentosan
薬理作用 未詳
臨床応用 解熱,涼血薬として煩熱,嘔吐,吐血,衂血,崩漏,小児の驚疳などに応用する.
頻用疾患 驚きやすい, 不眠, 不安感, 意識障害, 舌のこわばり, 発語障害, 咳嗽, 嘔吐, しゃっくり, 妊娠悪阻, 切迫流産, 出血
含有方剤 加味温胆湯 , 温胆湯 , 橘皮竹茹湯 , 清肺湯 , 竹茹温胆湯 , 竹皮大丸 , 安神益志湯 , 黄連温胆湯 , 黄連竹茹湯 , 加減潤燥湯 , 加減小柴胡湯 , 加味温膽湯 , 加味小柴胡湯 , 栝楼枳実湯
帰経 肺・胃
微寒
神農本草経  
中医分類 化痰止咳薬
薬能 清熱化痰,除煩止 .痰熱咳嗽,胆火挟痰,煩熱 吐,驚悸失眠,中風痰迷,舌強不語,胃熱 吐,妊娠悪阻,胎動不安に用いる.
薬徴  
備考  
参考文献