メニュー  → 生薬学術情報  → 
紅花
紅花
(こうか)
紅花 C. tinctorius L. 入手時名称:紅花 C. tinctorius L.
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:4882

生薬別名  
生薬ラテン名 Carthami Flos
生薬英名 Safflower
科名 キク科 Compositae
基原 ベニバナ Carthamus tinctorius Linné
薬用部位 管状花をそのまま又は黄色色素の大部分を除いたもので,ときに圧搾して板状としたもの
選品 新しくて鮮紅色のものが良い (TN).
主要成分 脂肪酸 Fatty acids:
Linoleic acid (種子)

脂質 Lipids:
Safflower oil (Oleic, Linoleic acidのGlyceride) (花)

ステロール Sterols:
Sterols (花)

リグナンとネオリグナン Lignans & Neolignans:
Lignans (花);
Tracheloside, Matciresinol-4-O-β-glucopyranoside (種子)

フラボンとフラボノール Flavones & Flavonols:
Luteolin-7-glucoside (葉);
6-Hydroxykaempferol, 6-Hydroxykaempferol-3,6-di-O-beta-D-glucopyranoside, 6-Hydroxykaempferol-3-O-β-D-glucopyranoside, 6-Hydroxykaempferol-3-O-β-rutinoside-6-O-β-D-glucopyranoside, 6-Hydroxykaempferol-3,6,7-tri-O-β-D-glucopyranoside (花)

フラバノンとジヒドロフラボノール Flavanones & Dihydroflavonols:
Carthamidin, Neocarthamin (花)

カルコン、ジヒドロカルコン及びオーロン Chalcones, Dihydrochalcones & Aurones:
Carthamin, Safflor yellow, Safflor yellow B, Safflor yellow A, Carthamin, Hydroxysafflor yellow A, Safflor-metabolin, Safflomin A, Safflomin C (花)
薬理作用 子宮緊張亢進, 律動性収縮誘発, 腸管平滑筋興奮, 血圧降下, ストレス性潰瘍抑制.
臨床応用 通経,駆お血薬として,腹痛,婦人病,冷え性,更年期障害などの血行障害の治療に用いる.
頻用疾患 元気が無い, 四肢の冷え, 疲れやすい, 食欲不振, 泥状水様便, 内臓下垂, 子宮下垂, 脱肛, 下痢, 呼吸困難, 咳嗽, 息切れ, 高熱, 口渇, 自汗, 多汗, 多尿, 不安感, 不眠, 動悸, 健忘
含有方剤 安産湯 , 活血解毒湯 , 葛根紅花湯 , 加味承気湯 , 甘連湯 , 柴胡疎肝湯 , 舒筋立安散 , 秦艽防風湯 , 折衝飲 , 治酒査鼻方 , 治頭瘡一方 , 通導散 , 当帰鬚散 , 連翹湯
帰経 心・肝
辛・微苦
神農本草経  
中医分類 理血薬 (活血去瘀薬)
薬能 大補元気, 復脈固脱, 益気摂血, 体虚欲脱, 肢冷脈微, 気不摂血, 崩漏下血, 心力衰, 心原性ショックに用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.