メニュー  → 生薬学術情報  → 
続断
続断
(ぞくだん)
続断 入手時名称:続断
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:1136

生薬別名 川続断
生薬ラテン名 Dipsaci Radix
生薬英名 Dipsacus Root
科名 マツムシソウ科 Dipsacaceae
基原 Dipsacus asperoides C.Y. Cheng et T.M. Ai
薬用部位
選品 大きくて堅い宿根が良い.新根の軟らかいものは悪い(NI).
主要成分 その他 Other:
アルカロイド、精油が含まれているといわれるが、詳細不明。
薬理作用 未詳
臨床応用 強壮,鎮痛,消炎薬として,腰背の疼痛,打撲による炎症,切傷,骨折などに応用する.組織の再生,乳汁分泌促進,止血作用がある.また胎動不安を治す
頻用疾患 腰や膝がだるく無力, 下肢無力, 関節痛, しびれ, 打撲外傷, 捻挫, 骨折, 不正性器出血, 妊娠中の下腹痛, 胎動不安
含有方剤 希有処方に配合
帰経 肝・腎
微温
苦・甘・辛
神農本草経 上品
中医分類 補陽薬
薬能 補肝腎,強筋骨,續折傷,止崩漏.腰膝酸軟,風湿痺痛,崩漏経多,胎漏下血,跌補損傷に用いる.
薬徴  
備考  
参考文献 NI: 一色直太郎, 『和漢薬の良否鑑別法及調製法』, 吐鳳堂書店, 東京, 1987.