メニュー  → 生薬学術情報  → 
胡麻
胡麻
(ごま)
胡麻 S. indicum L. 入手時名称:胡麻 S. indicum L.
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:2004

生薬別名 黒脂麻,黒芝麻
生薬ラテン名 Sesami Semen
生薬英名 Sesame
科名 ゴマ科 Pedaliaceae
基原 ゴマ Sesamum indicum Linné
薬用部位 黒色種子
選品 微黄色澄明の液体.0~-5℃で凝固する.臭いがないか,わずかに特異な臭いがある(TN).
主要成分 脂肪酸 Fatty acids:
Oleic acid, Linoleic acid, Palmitic acid, Stearic acid

リグナンとネオリグナン Lignans & Neolignans:
Sesamin, Sesamolin, Sesamol
薬理作用 未詳.
臨床応用 滋養強壮,粘滑,解毒薬として,虚弱体質,病後の回復,便秘などに応用する.また炎症,瘡癰などに外用する.
頻用疾患 病後の衰弱,便秘,頭のふらつき,目がかすむ,耳鳴り,しびれ
含有方剤 消風散
帰経 肺・脾・肝・腎
神農本草経 上品
中医分類 補養薬 (補陰薬)
薬能 補肝腎,益精血,潤腸燥.頭暈眼花,耳鳴耳聾,鬚髪早白,病後脱髪,腸燥便秘に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
白胡麻と黒胡麻があるが, 一般には黒胡麻が薬用にされる. 種子から得た脂肪油がゴマ油.
アーユルヴェーダでは各種の油薬 (タイラ) の基剤として多用される.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.