メニュー  → 生薬学術情報  → 
芫花
芫花
(げんか)
芫花 入手時名称:芫花
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:7827

生薬別名  
生薬ラテン名 Daphnis Genkwae Flos
生薬英名 Lilac Daphne Flower Bud
科名 ジンチョウゲ科 Thymelaeaceae
基原 フジモドキ Daphne genkwa Siebold et Zuccarini
薬用部位 花蕾
選品 開花前にとった花蕾のみからなっている,花の乱れがなく,苦味の強い,香気の高いものほど良い(NI).
主要成分 ステロール Sterols:
Sitosterol

フラボンとフラボノール Flavones & Flavonols:
Genkwanin, Apigenin, Hydroxygenkwanin

その他の芳香族誘導体 Other aromatic derivatives:
Benzoic acid
薬理作用 抗真菌 (水浸剤: 皮膚真菌), 利尿 (煎剤). 血圧降下, 子宮収縮, 呼吸促進 (genkwanin). 鎮咳, 去痰 (hydroxygenkwanin).
臨床応用 峻下,利水,去痰薬として,心臓性喘息,水腫脹満,胃及び十二指腸潰瘍などに応用する.虚弱体質の人や妊婦には不可.
頻用疾患 腹水, 浮腫, 尿量減少, 便秘, 胸水, 咳嗽, 胸痛, 脇痛, 頭部白癬症, 回虫
含有方剤 十棗湯
帰経 肺・脾・腎
温・有毒
神農本草経 下品
中医分類 瀉下薬 (峻下逐水薬)
薬能 瀉水逐飲,解毒殺虫.水腫脹満,胸腹積水,痰飲積聚,気逆喘咳,二便不利に用いる.疥癬禿瘡,凍瘡に外用する.
薬徴 水を逐うを主るなり。傍ら咳掣痛を治す。
備考  
参考文献 NI: 一色直太郎, 『和漢薬の良否鑑別法及調製法』, 吐鳳堂書店, 東京, 1987.