メニュー  → 生薬学術情報  → 
苦木
苦木
(にがき)
苦木 入手時名称:苦木
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:16246

生薬別名  
生薬ラテン名 Picrasmae Lignum
生薬英名 Picrasma Wood
科名 ニガキ科 Simaroubacae
基原 ニガキ Picrasma quassioides Bennet
薬用部位 木部
選品 樹皮を混入しない苦味の強いものが良品 (TN).
主要成分 トリテルペノイド Triterpenoids:
Nigakilactone A, Nigakilactone B, Nigakilactone C, Nigakilactone D (= Quassin), Nigakilactone E, Nigakilactone F, Nigakilactone G (= Picrasin A), Nigakilactone H, Nigakilactone I, Nigakilactone J, Nigakilactone K, Nigakilactone L, Nigakilactone M, Nigakilactone N, Nigakihemiacetal A, Nigakihemiacetal C, Neoquassin, Picrasin A, Picrasin B, Picrasin C, Picrasin D, Picrasin E, Picrasin F, Picrasin G

ベンゾキノン Benzoquinones:
2,6-Dimethoxy-p-benzoquinone

インドール系アルカロイド Indole alkaloids:
Nigakinone, Methylnigakinone, 4,5-Dimethoxycanthin-6-one, β-Carbolin誘導体
薬理作用 未詳
臨床応用 苦味健胃薬として, 粉末, チンキ, 煎剤にして, 消化不良, 下痢, 胃腸炎などに応用する. また殺虫, 疥癬薬とする.
頻用疾患 消化不良, 下痢, 胃腸炎
含有方剤
帰経 肺・大腸
神農本草経  
中医分類 清熱解毒薬
薬能 抗菌消炎, 去湿解毒. 感冒, 急性扁桃体炎, 咽喉炎, 腸炎, 細菌性痢疾, 湿疹, 吹き出物, 毒蛇咬傷に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.