メニュー  → 生薬学術情報  → 
藁本
藁本
(こうほん)
生薬別名  
生薬ラテン名 Ligustici Rhizoma
生薬英名 Ligusticum Sinense Rhizome
科名 セリ科 Umbelliferae
基原 Ligusticum sinense Oliver 又は Ligusticum jeholense Nakai et Kitagawa
薬用部位 根茎及び根
選品 未詳
主要成分 フタリド類 Phthalides:
L. sinense: Butylidenephthalide, Cnidilide
薬理作用 中枢麻痺(大脳,脊髄,延髄の順に麻痺).抗痙攣.鎮痛.血圧降下.抗真菌.
臨床応用 鎮痛,鎮痙薬ちして,感冒頭痛,鼻炎や副鼻腔炎による頭痛,腰痛,腹痛,婦人病の諸痛に応用する.
頻用疾患 頭痛, 悪寒, 無汗, 関節の腫脹・疼痛, 副鼻腔炎
含有方剤 黄連消毒湯 , 加味八脉散
帰経 膀胱
神農本草経 中品
中医分類 解表薬 (辛温解表薬)
薬能 去風,散寒,除湿,止痛.風寒感冒,巓頂疼痛,風湿肢節痺痛に用いる.
薬徴  
備考  
参考文献