メニュー  → 生薬学術情報  → 
蟾酥
蟾酥
(せんそ)
生薬別名  
生薬ラテン名 Bufonis Venenum
生薬英名 Toad Venom
科名 ヒキガエル科 Bufonidae
基原 シナヒキガエル Bufo bufo gargarizans Cantor 又は Bufo melanostictus Schneider
薬用部位 毒腺の分泌物を集めたもの
選品 東酥は円盤状,棋子酥(杜酥)は小円盤状.やや光沢のある黒褐色をし,デンプン等の混入のない物が良い(TN).
主要成分 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
Suberic acid

ステロール Sterols:
Cholesterol, 7α-Hydroxycholesterol, 7β-Hydroxycholesterol, Ergosterol, Campesterol, β-Sitosterol

ガマ毒 Toad poison:
Cardiac Steroids: Bufalin, Cinobufotalin, Resibufogenin, Cinobufagin, Gamabufotalin, Telocinobufagin, Hellebrigenin, Arenobufagin, psi-Bufarenogin, Cinobufaginol, Marinobufagin, Resibufagin, Bufadienolides, Cardenolides, Gamabufotoxin, Vulgarobufotoxin, Alvarobufotoxin, Arenobufotoxin, Cinobufotoxin, Fowlerobufotoxin, Marinobufotoxin, Regularobufotoxin, Viridobufotoxin

アミノ酸 Amino acids:
Arginine

インドール系アルカロイド Indole alkaloids:
Bufotenine, Bufotenidine, Serotonin, Bufothionine, Dehydrobufotenine

その他の含窒素化合物 Other nitrogen containing compounds:
Adrenaline
薬理作用 心筋収縮促進, 呼吸興奮, 局所麻酔(強心性ステロイド). ニコチン様作用 (bufotenidine). 幻覚(bufotenine). 血管透過性抑制(水エキス).
臨床応用 強心,鎮痛,解毒薬として,小児のかんのむし,胃痛,下痢,黄疸,心臓疾患,腸内寄生虫病などに応用される.また外用薬として結膜炎などの眼病,痔疾,腫痛に用いられる.
頻用疾患 皮膚化膿症, 咽喉の腫脹疼痛, 意識障害, 嘔吐, 下痢, 腹痛
含有方剤 六神丸
帰経
温; 有毒
神農本草経 下品
中医分類 外用薬
薬能 解毒,止痛,開竅醒神.癰疽疔瘡,咽喉腫痛,中暑吐瀉,腹痛神昏,手術麻酔に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.