メニュー  → 生薬学術情報  → 
赤芽柏
赤芽柏
(あかめがしわ)
赤芽柏 入手時名称:赤芽柏
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:3889

生薬別名  
生薬ラテン名 Malloti Cortex
生薬英名 Mallotus Bark
科名 トウダイグサ科 Euphorbiaceae
基原 アカメガシワ Mallotus japonicus Mueller Argoviensis
薬用部位 樹皮
選品 未詳
主要成分 強心配糖体 Cardiac glycosides:
[種子] Corotoxigenin, Mallogenin, Coroglaucigenin, Panogeninの3-O-α-L-Rhamnopyranosideと3-O-β-D-Glucopyranosyl-(1→4)-α-L-Rhamnopyranoside, Corotoxigenin β-D-glucopyranosyl-(1→6)-β-D-glucopyranosyl-(1→4)-α-L-rhamnopyranoside

フラボンとフラボノール Flavones & Flavonols:
[樹皮] Rutin

タンニン Tannins:
[葉] Geraniin, Mallotusinic acid, Mallotinic acid

その他の芳香族誘導体 Other aromatic derivatives:
[樹皮] Bergenin;
Butyrylmallotochromene, Isobutyrylmallotochromene, Isomallotochromanol, Isomallotolerin [果皮]
薬理作用 胆汁排泄 (樹皮の水エキス: 抑制, 葉の水エキス: 少量で促進, 多量で抑制). 胃酸分泌抑制 (bergenin).
臨床応用 抗潰瘍薬として,胃潰瘍,十二指腸潰瘍,胃腸疾患,胆石症などに応用される.
頻用疾患 胃潰瘍, 十二指腸潰瘍, 大腸ジスキネジア, 胆石症, 胃酸過多
含有方剤
帰経  
 
 
神農本草経  
中医分類  
薬能  
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献