メニュー  → 生薬学術情報  → 
麝香
麝香
(じゃこう)
麝香 入手時名称:麝香
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:9087

生薬別名  
生薬ラテン名 Moschus
生薬英名 Musk (navel gland secretions of the musk deer)
科名 シカ科 Cervidae
基原 ジャコウジカ Moschus moschiferus Linné
薬用部位 雄の麝香腺分泌物
選品 香気が強烈で, 当門子のあるものが良質. 軟質でアンモニア臭の強い, 湿った感の強いものは劣品 (TN).
主要成分 脂肪酸 Fatty acids:
脂肪酸

その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
Muscone, Normuscone

ステロイド Steroids:
5α-Androstane-3,17-dione, 5β-Androstane-3,17-dione, 3α-Hydroxy-5α-androstane-17-one, 3β-Hydroxy-5α-androstane-17-one, 3α-Hydroxy-5β-androstane-17-one, 3β-Hydroxyandrost-5-en-17-one, Androst-4-one-3,17-dione, 5α-Androstane-3β,17α-diol, 5β-Androstane-3α,17β-diol, 5β-Androstane-3α,17α-diol, Androsta-4,6-diene-3,17-dione

ステロール Sterols:
Cholesterol, Cholestanol, Cholest-4-en-3-one

ピリジンアルカロイド Pyridine alkaloids:
Muscopyridine

その他の含硫化合物 Other sulfur containing compounds:
Musclide-A1, Musclide-A2, Musclide-B
薬理作用 心機能亢進作用, 血圧降下作用, 男性ホルモン様作用, 抗炎症作用.
臨床応用 興奮,強心,鎮痙,鎮静,排膿,解毒薬として,神昏してうわごとするもの,小児の驚癇,神経衰弱症,心腹痛,打撲損傷,その他危急の症に応用する.また日本では,家庭薬製剤原料としての用途が多い
頻用疾患 神経衰弱, 腹痛, 打撲, 中風, 経閉, 気鬱, 咽喉痛, 麻痺
含有方剤 六神丸
帰経 心・脾・腎
神農本草経 上品
中医分類 開竅薬
薬能 開窮醒神, 活血通経, 消腫止痛. 熱病神昏, 中風痰厥, 気郁暴厥, 中悪昏迷, 経閉, ちょうか, 難産死胎, 心腹暴痛, 癰腫瘰癧, 咽喉腫痛, 跌捕傷痛, 痺痛麻木に用いる.
薬徴  
備考 市販品は通常 「玉麝香」 と 「身麝香」 がある.1)玉麝香は中国では整麝香,整香,毛香などと称され,袋状腺嚢,いわゆる麝香嚢に入ったものである.日本に輸入されるものはネパールもしくはチベット産の 「本口手」 と称されるものがほとんどで,わずかに中国雲南,四川省の 「雲南手」 がある.2)身麝香は,中国で麝香仁,散香と称されて,麝香嚢内に包蔵されている中身である.芳香が濃厚で,久しく香りを聞くと独特の有騒性の香味が感じられ,味はやや苦く,口から鼻にぬける香味があるものが佳品である.現在市販の麝香はすべて人
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.