メニュー  → 漢方方剤  → 
半夏瀉心湯
半夏瀉心湯
(はんげしゃしんとう)
構成生薬 半夏 , 黄芩 , 乾姜 , 人参 , 甘草 , 大棗 , 黄連
適応病態 少陽病期の虚実間証で,心下痞鞕,腹中雷鳴があり,心下部のつかえ感,食欲低下,下痢,口内炎がみられる際に用いられる
適応疾患 悪心, 食欲不振, 胃下垂, 神経性胃炎, 胸やけ, 口内炎, 神経症, 舌苔, 粘液便, 発酵性下痢, 胃潰瘍, 十二指腸潰瘍, 嘔吐症, 下痢症, 腸カタル, 発酵性下痢, 消化不良症, 宿酔, おくび, 悪阻, 心因性胃アトニー
原典 傷寒論
条文 「傷寒五六日,嘔して発熱する者は,柴胡の証具わる。而るに他薬を以てこれを下し,柴胡の証仍ある者は,また柴胡湯を与う。此れ已に之を下すといえども,逆と為さず。必ず蒸々として振い,却って発熱し汗出でて解す。若し心下満して鞕痛する者は,此れ結胸と為す成り。大陥胸湯之を主る。但だ満して痛まざる者は,此れを痞と為す。柴胡之を与うるに中らず。半夏瀉心湯に宜し」
「嘔して腸鳴り,心下痞する者は半夏瀉心湯之を主る」
備考 一般用漢方製剤製造販売承認基準収載.
外部リンク: metabolomics.jp