メニュー  → 生薬学術情報  → 
半夏
半夏
(はんげ)
半夏 入手時名称:半夏
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:654
Pinellia ternata 植物名:Pinellia ternata
撮影場所:日本, 京都府
撮影日時:1989
撮影者:小松かつ子

生薬別名 珍珠半夏
生薬ラテン名 Pinelliae Tuber
生薬英名 Pinellia Tuber
科名 サトイモ科 Araceae
基原 カラスビシャク Pinellia ternata Teore ex Breitenbach (IPNI:88088-1)
薬用部位 乾燥した球状塊茎
選品 粒が大きく揃っていて,白色のものが良品.帯赤色や帯黒色のもの,また質が硬くなったものは劣品 (TN).
主要成分 脂質 Lipids:
セロブロシド(1-O-glucosyl-N-2'-acetoxy palmytoyl-4,8-sphingodienineを主とする脂質)

その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
粘液物質, Ca-oxalate

単糖類 Monosaccharides:
D-Glucose, Glucuronic acid, L-Rhamnose

多糖類 Polysaccharides:
デンプン, 高分子多糖

トリテルペノイド Triterpenoids:
Triterpenoid

ステロール Sterols:
β-Sitosterol, β-Sitosteryl glucoside

その他の芳香族化合物 Other aromatic compounds:
Homogentisic acid, Homogentisic acid glucoside, 3,4-Dihydroxybenzaldehyde, 3,4-Dihydroxybenzaldehyde diglucoside

アミノ酸 Amino acids:
Arginine, Aspartic acid, Glutamic acid, Serine, Glycine

アルカロイド Alkaloids:
l-Ephedrine(微量)

その他の含窒素化合物 Other nitrogen compounds:
Choline

その他 Other:
無機質
薬理作用 制吐(煎液).唾液分泌(煎液:初期に増加,後期に減少).鎮咳(煎液).胃潰瘍抑制(水エキス).抗炎症(水エキス).抗アレルギー.
臨床応用 鎮嘔,鎮吐,鎮静,去痰薬として,胃内停水があって,その上逆による悪心,嘔吐,咳嗽,心悸,目眩,頭痛,急性胃カタル,咽喉腫痛,妊娠悪阻,不眠症などに応用する.
頻用疾患 咳嗽, 多痰, 悪心, 嘔吐, 胸が苦しい, めまい, 動悸, 不眠, 頭痛, 胃カタル, 急性胃炎, 妊娠悪阻
含有方剤 温経湯 , 温胆湯 , 越婢加半夏湯 , 延年半夏湯 , 黄耆別甲湯 , 黄芩加半夏生姜湯 , 黄連湯 , 解急蜀椒湯 , 化食養脾湯 , 藿香正気散 , 葛根加半夏湯 , 加味温胆湯 , 栝楼薤白半夏湯 , 乾姜人参半夏丸 , 甘草瀉心湯 , 枳縮二陳湯 , 堅中湯 , 香砂六君子湯 , 厚朴生姜半夏人参甘草湯 , 五積散 , 柴葛解肌湯 , 柴葛湯加川芎辛夷 , 柴陥湯 , 柴梗半夏湯 , 柴胡加芒硝湯 , 柴胡加竜骨牡蛎湯 , 柴胡枳桔湯 , 柴胡桂枝湯 , 柴芍六君子湯 , 柴蘇飲 , 柴朴湯 , 柴苓湯 , 小陥胸湯 , 生姜瀉心湯 , 小柴胡湯 , 小柴胡湯加桔梗石膏 , 小青竜湯 , 小青竜湯加杏仁石膏 , 小青竜湯加石膏 , 小半夏加茯苓湯 , 浄腑湯 , 参蘇飲 , 清肌安蛔湯 , 清湿化痰湯 , 赤丸 , 旋覆花代赭石湯 , 蘇子降気湯 , 大柴胡湯 , 大柴胡湯去大黄 , 大半夏湯 , 竹茹温胆湯 , 竹葉石膏湯 , 丁香柿蒂湯 , 釣藤散 , 当帰湯 , 二朮湯 , 二陳湯 , 八解散 , 半夏厚朴湯 , 半夏散及湯 , 半夏瀉心湯 , 半夏白朮天麻湯 , 麦門冬湯 , 不換金正気散 , 伏竜肝湯 , 茯苓飲加半夏 , 茯苓飲合半夏厚朴湯 , 附子粳米湯 , 分心気飲 , 変製心気飲 , 奔豚湯(金匱要略) , 奔豚湯(肘後方) , 射干麻黄湯 , 抑肝散加陳皮半夏 , 利膈湯 , 六君子湯 , 苓甘姜味辛夏仁湯 , 良枳湯
帰経 脾, 胃
神農本草経 下品
中医分類 化痰止咳薬
薬能 燥湿化痰,降逆止嘔,消痞散結.痰多咳喘,痰飲眩悸,風痰眩暈,痰厥頭痛,嘔吐反胃,胸胃痞悶,梅核気症に応用し,癰腫痰核に外用する.
薬徴 痰飲,嘔吐を主治する也。傍ら心痛,逆満,咽中の痛,咳,悸,腹中雷鳴を治す。
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
半夏は加工(修治)して用いられることがあり,加工品には法半夏,姜半夏などがある.法半夏は甘草と生石灰,姜半夏は生姜と明礬をそれぞれ用いて加工する.法半夏は燥湿,化痰,姜半夏は降逆止嘔に多用される.中国産の半夏市場品中にまれに Pinellia pedatisecta Schott,P. tripartita Schott オオハンゲまたはテンナンショウ属 Arisaema spp. の塊茎が混入される.水半夏は Typhonium sp. の塊茎である.
外部リンク: 民族薬物DB
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Pinellia ternata Teore ex Breitenbach (IPNI:88088-1)
lectin gene
 AY725425
rpl20-rps12
 AY248931
atpB-rbcL
  FJ638617
rps16
  EU193501
cox1
 EF517178
 AY243112