メニュー  → 漢方方剤  → 
麦門冬湯
麦門冬湯
(ばくもんどうとう)
構成生薬 麦門冬 , 半夏 , 粳米 , 大棗 , 人参・甘草
適応病態 少陽病期の虚証で,肺や気管の滋潤性が低下し,粘膜の乾燥を主体とした乾性咳嗽に使用されることが多く,口腔内の乾燥や,そのための味覚低下などにも使用される。
適応疾患 咳, 気管支炎, 気管支喘息, 喀痰, 膿性痰?, あから顔, 喀痰喀出困難
原典 金匱要略
条文 「大逆上気,咽喉不利。逆を止め,気を下すものは,麦門冬湯之を主る」
備考 肺や気管の滋潤性が低下し,粘膜の乾燥を主体とした乾性咳嗽に使用されることが多く,口腔内の乾燥や,そのための味覚低下などにも使用される。麦門冬湯はサブスタンスPなどの咳誘発性ケミカルメディエーターの産生などを抑え,C-fiberの過度の興奮性を抑えることにより鎮咳効果を示すとされ,切除後気管支断端からの末梢性刺激により咳嗽が誘発されると考えられる肺切除後の乾性咳嗽などにも有用なことがある