メニュー  → 生薬学術情報  → 
麦門冬
麦門冬
(ばくもんどう)
麦門冬 入手時名称:麦門冬
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:194
Ophiopogon japonicus (Ophiopogon ohwii) 植物名:Ophiopogon japonicus (Ophiopogon ohwii)
撮影場所:中国, 四川省
撮影日時:2002
撮影者:小松かつ子

生薬別名  
生薬ラテン名 Ophiopogonis Radix
生薬英名 Ophiopogon Root
科名 ユリ科 Liliaceae
基原 ジャノヒゲ Ophiopogon japonicus Ker Gawler (IPNI:429781-1)
薬用部位 根の膨大部
選品 淡黄色でよく肥大し,潤い及び重量感のあるものが良品 (TN).
主要成分 単糖類 Monosaccharides:
Sucrose, D-Fructose, D-Glucose

少糖類 Oligosaccharides:
Oligosaccharide

ステロール Sterols:
β-Sitosterol, β-Sitosterol-β-D-glucoside, Stigmasterol

ステロイドサポニン及びサポゲニン Steroid saponins & Sapogenins:
Ophiopogonin A, Ophiopogonin B, Ophiopogonin C, Ophiopogonin D, Ophiopogonin B', Ophiopogonin C', Ophiopogonin D'

ネオフラバノイドとホモイソフラボノイド Neoflavanoids & Homoisoflavonoids:
Ophiopogonone A, Ophiopogonone B, Methylophiopogonone A, Methylophiopogonone B, Ophiopogonanone A, Methylophiopogonanone A, Methylophiopogonanone B
薬理作用 血糖降下(水エキス).抗炎症(エタノールエキス).
臨床応用 粘滑性消炎,滋養,強壮,鎮咳,去痰,利尿薬として,胃中を補い,逆気上衝を降瀉するものであり,またのぼせ症の人に対し強心利尿の効がある.
頻用疾患 乾咳, 少痰, 口渇, 元気が無い, 脈が微弱, 倦怠感, 不眠, 焦躁, 便秘
含有方剤 温経湯 , 加味四物湯 , 甘露飲 , 外台四物湯加味 , 炙甘草湯 , 辛夷清肺湯 , 滋陰降火湯 , 滋陰至宝湯 , 清肌安蛔湯 , 清暑益気湯 , 清心蓮子飲 , 清上蠲痛湯 , 清熱補気湯 , 清熱補血湯 , 清肺湯 , 竹茹温胆湯 , 竹葉石膏湯 , 釣藤散 , 麦門冬湯 , 扶脾生脈散 , 補気健中湯 , 補肺湯 , 味麦地黄丸
帰経 心, 肺, 胃
微寒
甘, 微苦
神農本草経 上品
中医分類 補養薬
薬能 養陰生津,潤肺清心.肺燥干咳,虚癆咳嗽,津傷口渇,心煩失眠,内熱消渇,腸燥便秘,咽白喉に応用する.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
『日本薬局方』,『中華人民共和国薬典』ともに原植物として,O. japonicus が規定される.その他中国産には O. ohwii,セッコウジャノヒゲ O. chekiangensis Kimura et Migo(浙江省の栽培品でスレンダーな根茎を持つことから O. japonicus と区別すべきであるという説がある.)が出廻る.韓国産はヤブラン属のコヤブラン Liriope spicata Lour. 及びヤブラン L. platyphylla Wang et Tang の肥大根である.このものは中国では「土麦門」と称しているが,品質はよくない.
外部リンク: 民族薬物DB
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Ophiopogon japonicus Ker Gawler (IPNI:429781-1)