メニュー  → 漢方方剤  → 
滋陰降火湯
滋陰降火湯
(じいんこうかとう)
構成生薬 白朮・地黄・芍薬 , 陳皮 , 当帰 , 麦門冬 , 黄柏 , 甘草 , 知母 , 天門冬
適応病態 太陰~少陰病期の虚証で,皮膚枯燥,咳嗽,粘稠痰,咽頭壁乾燥,口乾を目標に用いられる
適応疾患
原典 万病回春
条文 「虚労する者は,陰虚して相火動く也。陰虚して火動する者は治し難し。虚労して補を受けざる者は治し難し。滋陰降火湯,陰虚火動して発熱咳嗽,吐痰喘息,盗汗口乾するを治す。此の方と六味地黄と相兼ねて之を服せば,大いに虚労を補い神効あり」
備考