メニュー  → 生薬学術情報  → 
芍薬
芍薬
(しゃくやく)
芍薬 入手時名称:芍薬
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:906
Paeonia lactiflora 植物名:Paeonia lactiflora
撮影場所:日本, 富山県
撮影者:小松かつ子

生薬別名 白芍, 生干芍薬, 真芍薬, 皮付き芍薬, 和芍
生薬ラテン名 Paeoniae Radix
生薬英名 Peony Root
科名 ボタン科 Paeoniaceae
基原 シャクヤク Paeonia lactiflora Pallas (IPNI:711802-1)
薬用部位 外皮を除いた乾燥根
選品 太く長く,真直ぐで質が硬く,粉性に富むもの.味が渋く苦いもの(皮付き).
主要成分 モノテルペノイド Monoterpenoids:
[P. lactiflora Pall. var. trichocarpa Stern.]: Paeoniflorin, Albiflorin, Oxypaeoniflorin, Paeoniflorigenone, Paeonilactones;
[P. albiflora Pall. var. trichocarpa Bunge 代謝物]: Paeonilactone-A, Paeonilactone-B, Paeonilactone-C;
[P. albiflora Pall.]: Paeoniflorin, Oxypaeoniflorin, Benzoylpaeoniflorin, Desbenzoylpaeoniflorin, Albiflorin, Paeoniflorigenone, 6-OAcetylpaeoniflorigenone,
以下代謝物 7S-Paeonimetaboline I, 7R-Paeonimetaboline I, 6-OAcetylpaeonimetaboline I, Paeonimetaboline II, Paeonimetaboline III, Paeonilactone-A(Metabolite-A1), Paeonilactone-B(Metabolite-A2), Metabolite A1-acetate, 7S-Paeonimetaboline-6-O-3,5-dinitrophenyl carbamate, 7R-Paeonimetaboline-6-O-3,5-dinitrophenyl carbamate, 7S-8-(2-Carboxyethylthio)paeonimetabolin I, 7R-8-(2-Carboxyethylthio)paeonimetabolin I, 7S-8-(2-Hydroxyethylthio)paeonimetabolin I, 7R-8-(2-Hydroxyethylthio)paeonimetabolin I, 7S-8-Benzoylthiopaeonimetabolin I, 7R-8-enzoylthiopaeonimetabolin I, 7R-8-(Carboxymethylthio)paeonimetabolin I, 7S-8-(Carboxymethylthio)paeonimetabolin I, 7R-8-(2'-Carboxyethylthio)paeonimetabolin I, 7S-8-(2'-Carboxyethylthio)paeonimetabolin I, 7R-8-(5'-Carboxyethylthio)paeonimetabolin I, 7S-8-(5'-Carboxyethylthio)paeonimetabolin I, Pentaacetylpaeoniflorin, Tetraacetylpaeoniflorin, Albimetaboline I, Albimetaboline II;
[P. albiflora 代謝物: 7S-]Paeonimetaboline I, 7R-Paeonimetaboline I, Paeonimetaboline II, Paronimetaboline III

トリテルペノイド Triterpenoids:
[P. albiflora]: Palbinone

タンニン Tannins:
Tetra~Undecagalloylglucose, d-Catechin, Procyanidin B-1;
[P. lactiflora var. trichocarpa]: Tetragalloylglucose, Pentagalloylglucose, Hexagalloylglucose;
[P. albiflora]: Gallotannins

その他の芳香族化合物 Other aromatic compounds:
[P. lactiflora var. trichocarpa]: 安息香酸
薬理作用 抗炎症,血圧降下,鎮静(paeoniflorin).ストレス性潰瘍抑制.抗痙攣,実験的空間認知障害改善(水エキス,paeoniflorin).中枢性抗痙攣作用(paeoniflorin,paeonimetabolinⅠ).抗菌(Staphylococcus aureus 他)
臨床応用 鎮痛,鎮痙.「補・収」の作用があるとされ,腹直筋の攣急,胃腸の痙攣性疼痛や肝臓部疼痛,月経痛,四肢の筋肉痙攣,眩暈などに応用する.
頻用疾患 めまい, 目がかすむ, 月経不順, 盗汗, 胸脇が張って痛む, いらいら, 憂欝, テネスムス, 下痢, 腹痛, 筋肉の痙攣,疼痛
含有方剤 痿証方 , 胃風湯 , 胃苓湯 , 烏頭桂枝湯 , 烏頭湯 , 烏苓通気散 , 温経湯 , 温清飲 , 黄耆桂枝五物湯 , 黄耆建中湯 , 黄耆別甲湯 , 黄芩加半夏生姜湯 , 黄芩湯 , 黄連阿膠湯 , 解労散 , 加減涼膈散(龔廷賢) , 葛根加朮附湯 , 葛根加半夏湯 , 葛根紅花湯 , 葛根湯 , 葛根湯加川芎辛夷 , 加味四物湯 , 加味逍遙散 , 加味逍遙散加川芎地黄 , 栝楼桂枝湯 , 帰耆建中湯 , 芎帰膠艾湯 , 芎帰調血飲第一加減 , 荊芥連翹湯 , 桂枝越婢湯 , 桂枝加黄耆湯 , 桂枝加葛根湯 , 桂枝加桂湯 , 桂枝加厚朴杏仁湯 , 桂枝加芍薬生姜人参湯 , 桂枝加芍薬大黄湯 , 桂枝加芍薬湯 , 桂枝加朮附湯 , 桂枝加附子湯 , 桂枝加竜骨牡蛎湯 , 桂枝加苓朮附湯 , 桂枝去桂加茯苓白朮湯 , 桂枝芍薬知母湯 , 桂枝湯 , 桂枝二越婢一湯 , 桂枝二越婢一湯加朮附 , 桂枝茯苓丸 , 桂枝茯苓丸料加薏苡仁 , 桂麻各半湯 , 堅中湯 , 甲字湯 , 牛膝散 , 五積散 , 五淋散 , 柴葛解肌湯 , 柴葛湯加川芎辛夷 , 柴胡桂枝湯 , 柴胡清肝湯 , 柴胡疎肝湯 , 柴芍六君子湯 , 四逆散 , 紫根牡蛎湯 , 七物降下湯 , 四物湯 , 芍薬甘草湯 , 芍薬甘草附子湯 , 芍甘黄辛附湯 , 小建中湯 , 小青竜湯 , 小青竜湯加杏仁石膏 , 小青竜湯加石膏 , 小続命湯 , 升麻葛根湯 , 逍遙散 , 神仙太乙膏 , 真武湯 , 滋陰降火湯 , 滋陰至宝湯 , 滋血潤腸湯 , 滋腎通耳湯 , 滋腎明目湯 , 十全大補湯 , 十六味流気飲 , 清熱補気湯 , 清熱補血湯 , 折衝飲 , 洗肝明目湯 , 疎経活血湯 , 大柴胡湯 , 大柴胡湯去大黄 , 大防風湯 , 中建中湯 , 猪苓湯合四物湯 , 当帰飲子 , 当帰建中湯 , 当帰散 , 当帰四逆加呉茱萸生姜湯 , 当帰四逆湯 , 当帰芍薬散 , 当帰芍薬散加黄耆釣藤 , 当帰芍薬散加人参 , 当帰芍薬散加附子 , 当帰湯 , 独活葛根湯 , 人参養栄湯 , 排膿散 , 排膿散及湯 , 扶脾生脈散 , 附子湯 , 分心気飲 , 補陽還五湯 , 奔豚湯(金匱要略) , 防風通聖散 , 麻子仁丸 , 薏苡仁湯 , 抑肝加芍薬 , 抑肝散加芍薬黄連 , 連珠飲
帰経
微寒
酸, 苦
神農本草経 中品
中医分類 補養薬
薬能 白芍:平肝止痛,養血調経,斂陰止汗.頭痛眩暈,脇痛,腹痛,四肢攣痛,血虚萎黄,月経不順,自汗,盗汗に用いる.
薬徴 結実して,拘攣するを主治する也。傍ら腹痛,頭痛,身体不仁,疼痛,腹痛,咳逆,下痢,膿腫を治す。
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
【基源】中国では,芍薬という名称は用いずに赤芍と白芍に区別して使い分ける.『中華人民共和国薬典』では赤芍を Paeonia lactiflora Pall. または P. veitchii Lynch. の根とし,白芍を P. lactiflora の根を湯通しした後に外皮を除去したもの,または外皮を取り除いて湯通ししたものと規定している.日本では,芍薬を赤芍と白芍に区別して用いることは少なく,修治法により真芍薬(周皮を除去し,湯通しして乾燥したもの.中国でいう白芍),生干芍薬(根を水洗いし,周皮を取り除き乾燥したもの),皮付き芍薬(根を水洗いし乾燥したもの.中国でいう赤芍)の3種類に分けられる.『日本薬局方』(13局第1追補)では P. lactiflora Pall. var. trichocarpa Stern. (= P. albiflora Pall.) を母種にまとめる説を採用し,P. lactiflora の根であると規定する.中国の赤芍は日本の局方に適合し難い.日本では和芍として P. lactiflora が奈良県,北海道,鳥取県などで栽培されてきたが,現在では園芸品種の洋種芍薬も使用されることがある.このものは品質が粗悪である.
【成分・薬理】ヒト腸内細菌による代謝 Paeoniflorine は 7-R-paeonimetabolineⅠ及び 7-S-paeonimetabolineⅠに代謝される.このものに中枢性抗痙攣作用が認められており,真の薬効成分であると考えられる.
外部リンク: 民族薬物DB
参考文献  
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Paeonia lactiflora Pallas (IPNI:711802-1)
GPAT
 AY016249
Adh2
  DQ313772
 DQ313773
 AF009068
Adh1A
  AF009049
 AF009050
rps16-trnQ
 DQ313804
matR
 EU281114