メニュー  → 漢方方剤  → 
桂枝二越婢一湯
桂枝二越婢一湯
(けいしにえっぴいっとう)
構成生薬 桂皮 , 芍薬 , 麻黄 , 甘草 , 大棗 , 石膏 , 生姜 , (ヒネショウガ)
適応病態 太陽病期の虚実間証で,熱感を伴う風邪の初期で,自汗や口渇がみられる際に用いられる
適応疾患 感冒,麻疹,リウマチ性疾患
原典 傷寒論
条文 「太陽病,発熱悪寒,熱多くして寒少く,脈微弱なる者は,此れ陽なきなり,発汗すべからず,桂枝二越婢一湯に宜し」
備考 一般用漢方製剤製造販売承認基準収載.
外部リンク: metabolomics.jp