メニュー  → 生薬学術情報  → 
石膏
石膏
(せっこう)
石膏 入手時名称:石膏
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:15177

生薬別名 焼石膏
生薬ラテン名 Gypsum Fibrosum
生薬英名 Gypsum
科名  
基原 天然の含水硫酸カルシウムで,組成はほぼCaSO4・2H2O
薬用部位 鉱物
選品 光沢のある白色透明のものがよく,軟質のものが良品である (TN).
主要成分 その他 Other:
CaSO4・2H2O,粘土,砂,有機物,硫化物,Fe++, Mg++
薬理作用 止渇.解熱.腸管運動抑制.利尿.
臨床応用 炎症性疾患の解熱,止渇,鎮咳薬.煩渇,口渇,喘息,胃痛などに応用.
頻用疾患 高熱,口渇,胸が苦しい,呼吸切迫,咳嗽,頭痛,歯痛,歯齦の腫脹疼痛,口内炎
含有方剤 越婢加朮湯 , 越婢加朮附湯 , 越婢加半夏湯 , 越婢湯 , 加減涼膈散(浅田) , 桔梗石膏 , 駆風解毒散 , 桂枝越婢湯 , 桂枝二越婢一湯 , 桂枝二越婢一湯加朮附 , 五虎湯 , 柴葛解肌湯 , 小柴胡湯加桔梗石膏 , 小青竜湯加杏仁石膏 , 小青竜湯加石膏 , 消風散 , 辛夷清肺湯 , 洗肝明目湯 , 増損木防已湯 , 続命湯 , 大青竜湯 , 竹葉石膏湯 , 釣藤散 , 白虎加桂枝湯 , 白虎加人参湯 , 白虎湯 , 防風通聖散 , 麻杏甘石湯 , 木防已湯
帰経 肺, 胃
大寒
甘, 辛
神農本草経 中品
中医分類 清熱薬 (清熱瀉火薬)
薬能 清熱瀉火,除煩止渇.外感熱病,高熱煩渇,肺熱喘咳,胃火亢盛,頭痛,歯痛に用いる.
薬徴 煩渇を主治する也。傍ら譫語,煩躁,頭痛,喘を治す。
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
焼石膏は(CaSO4・1/2 H2O)は,主として,身体各部位の支持又は固定用ギプスとして骨折,脱臼その他骨の変形時に用いられるほか,歯科の型取りに用いられる.
外部リンク: 民族薬物DB
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.